こんにちは。

『不登校というピンチをチャンスに変える』不登校アドバイザーの早野です。

指原莉乃の『逆転力』を再度読んでいるのですが、やはりなかなか面白いです。

不登校 アマゾン

エピソードを読んでいて、指原さんがバンジージャンプに挑戦したが飛べなかったのは僕も経験があります。

ヘタレなんですね。

私は度胸をつけようと思って読売ランドのバンジージャンプに行ったのですが、飛べなかったんですよ(笑)

係員の人の手前恥ずかしかったです。。。

しかし、飛べないのだから仕方が無い(笑)

また、お調子者で策士というのも似ていると思います。

弱者のポジションを経験しているので守備力が高く、策略に秀でていると思います。

逆に私は競争や戦うことが割と好きなところがありますが、そこが違う点だとは思います。

電子書籍 不登校

今いる場所が嫌なら勇気を持って別の場所へ

『土俵を変える』『今いる場所が嫌なら別の場所へ』が一番言いたいことのようです。

指原さんはその言葉どおりに学校でいじめられて不登校になり、そこからネットの世界に行き、そこから東京にアイドルになったわけですね。

どうしても苦手意識がある、どうしてもやり直したいという場合は別の場所で勝負をしたほうが良い場合も多いと思います。

実際に別の場所で輝いている子はたくさんいます。

無理して今の場所に固執する必要はありません。

それは大人でも同じで、企業が業態を変換することで業績を上げることをたくさん見てきましたし、転職をすることで見違えるように力を発揮していた人もたくさんいます。

これは好きか嫌いかの話だけではなく合うか合わないかということもあります。

この会社のこの業務内容にはにの人は合わないよなー、それにこの人の強みを発揮できないなー、ということがあります。

同じようにこの学校の風土にはこの子は合わないだろうし強みを発揮できずに不利だろうなー。

その場合は環境を変えることで災い転じて吉にすることも出来ます。

私も高校をやめたことによって早稲田に合格したわけですから。

辞めていなければおそらく合格しなかったと思います。

さて、そんな場合はあなたはどうしますか?

%e4%b8%8d%e7%99%bb%e6%a0%a1%e3%80%80%e8%b3%aa%e5%95%8f

PS:ペットや植物で癒されよう

しかし、そんなことを言ってもすぐに決められないわよというのが正直なところだとは思います。

ペットはかなり可愛いく家の中の雰囲気も変わってきますので、嫌いで無ければ飼ってみてください。

難しい場合は植物や金魚などですかね。

少し外に置いておけば外に出るきっかけにもなると思います。

では、またお会いしましょう!!

無料メール相談は下記をクリック!

メール相談

 

本の原稿のダイジェスト版を無料プレゼント

『不登校はピンチの顔をしたチャンス』を読む

a5OiMzSQoUXihhw1502782703_1502783004

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 中学校教育へ
にほんブログ村

不登校・ひきこもりランキング