不登校の小学生、中学生、高校生の根本原因の克服は不登校バトラーにお任せください!!

自宅でできる勇気づけをする方法無料プレゼント

  • HOME »
  • 自宅でできる勇気づけをする方法無料プレゼント

不登校 学校 大

資料のダウンロードはこちらから。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

勇気づけをする方法を一足先に読んだ方からの感想

なぜ早野さんと話すと不思議と子供が元気になるのかわかりました。単に褒めていたのではなくて勇気づけていたのですね。トレーニング内容もわかりやすいので実践してみますね。こういう勇気づけが当たり前の社会になると本当に良いなと思います。 斎藤美帆(仮)

『不登校はピンチの顔をしたチャンス』を読んで本当に希望が持てました。しかし、なかなか実践できなかったのですが、今回は実践できると思います。練習会は遠方なので残念ながら参加できないと思いますが機会があれば参加してみたいと思います。広島の母

友人から紹介された『不登校はピンチの顔をしたチャンス』を読みましたが今回のを読むことでさらに今後の我が子の将来が楽しみになりました! 林真美(仮)

不登校から子供が元気になる親御さんとそうならない親御さんの違い

親御さんを見ていて子供が元気になる場合は親御さんがアドラー的な考え方を身につけていて自然に勇気づけをしています。

アドラー心理学を勉強したという親御さんもいれば全く勉強していないという親御さんもいらっしゃると思います。(たぶん勉強していない方のほうが多いと思います。)

アドラー心理学の本は多くありますが、不登校解決と実践に絞って解説した本は無いので私がまとめました。

本自体が難解だったり、理論の包括的説明だったり、子育て全般の話になっていたりアドラー絶対主義になってしまっているからです。

アドラー心理学の全体を学ぶ必要はあまりありません。知識自体はわずかで良いのです。

資料は下記から無料ダウンロード。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

 

人が育つ環境、育たない環境

私が以前にいた会社にはたくさんの元引きこもりの子がアルバイトでおりました。

最初は『なんでこんな奴を採用するんだ』という状態の子が多かったです。

私は社員採用ですが私もそう思われていたのかも(笑)

しかし、どんどんその元引きこもりの子達が元気になっていき自信をつけていきました。

ある子は社員になって取引先から表彰されるほどになりました。

また、別の子は社員になり社内で営業成績1位になりました。

そしてまた別の子は生まれて初めて友達が出来て、仕事にやり甲斐があると喜んでいました。

そういう私も『フリーターにもなれないのではないか』と思っていたところから事業を自分で立ち上げて自分で回せるくらいにまでなりました。

将来独立するなど全く思いもよらないことでした(笑)

デコボコな変わった子が多く発達障害の診断をしたらそこの会社の人はけっこうな人が当てはまっていたかもしれません。

ですが、そういった子達が成長していったのです。

そして会社自体もピンチの連続でしたがことごとくチャンスに変えていったのでした。

不登校難関大学

社長が『勇気づけ』の達人だった

というのも社長が『勇気くじき』をしない方で『勇気づけ』の達人だったからです。

そして、組織風土がとても良かったのです。

社長はアドラー心理学は知らなかったと思いますがアドラーが理想とする組織に近い組織だったような気がします。

(仕事は非常にきついですが。)

不登校 大学生

練習で身につけられる『勇気づけ』

さて、『そんなすごい社長だから人が育つのではないか。凡人には無縁の話ではないか』と思うかもしれませんがそんなことはありません。

その社長は元は根暗な性格で当初は部下が全くついてこなかったそうです。

そこから努力して『人を育てて動かす力』を身につけたそうです。

また、私も元々は人の良いところを見ようとか人の話を聞こうとかは全くありませんでした

むしろダメ出ししたり状況を悲観的に見て落ち込むような人間でした。

上にあげた事例の子はもともとは僕の部下だったのですが僕はその子に無関心だったのですが別の人の部下になったらみるみる元気になりました(笑)というダメな人間だったのです。

優秀な人間にリソースを集中させてダメな人は。。。という思想でした。

しかし、指導を受ける中で自然に『勇気づけ』ができるようになっていったのです。

少なくとも『勇気くじき』はしていないと思います(あまり)。

なのであなたも練習すれば『勇気づけ』ができるようになります。

ダウンロードはこちら。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

%e4%b8%8d%e7%99%bb%e6%a0%a1%e3%80%80%e8%aa%bf%e5%81%9c%e8%80%85

 

知識を学ぶだけでなく練習会もあります

不登校 保証

知識を学んでもうまくいかないのは4つの理由があります。

①我が家に適応すべき情報が何かわからない。(情報迷子

②専門家と少人数ではなかなか会えない。(情報迷子2

③知識を身につけるためのトレーニングが出来ない。(いわばペーパードライバー)

④楽しくない苦行や修行になってしまっている。(いわば親の登校拒否)

今回は仕組みとして少人数の練習会を用意しました。

こちらで用意する日程もありますし、2人参加者がいれば練習会を開催します。(夫婦の場合は家にも行きます。)

①読書会形式での知識の習得(座学)

②大手企業でも導入されているゲーム形式での勇気づけ練習会(実践トレーニング)

対面相談会(我が家へのあてはめ)

 

この①②③を2時間~3時間で少人数でやります。

勇気づけを身に着けるには下記の3つが必要だからです。

①不登校に関するショックと日頃のストレスを癒す

②親自身の勇気づけ。パワーアップ

③子供への勇気づけのレベルアップする。

このなんと3つの工程を1回でやります

ひとまずは知識を習得してください。

ダウンロードは下記から!!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

不登校 喜びの声

さらにご希望の方はお茶会や飲み会、自然体験などのイベントにご参加いただけます。

また、メールマガジンなどでも継続的にフォローをしていきますし相談も受け付けていますね。

内容一覧

1、はじめに

2、勇気づけが必要な理由

3、勇気づけとは何か?

4、勇気づけと褒めるの違い

5、不登校の子が人目を気にしてプライドが高い理由

6、勇気づけの方法(1)まず自分を勇気づけ

7、勇気づけの方法(2)勇気くじきをやめる

8、勇気づけの方法(3)共感とアクティブリスニングが勇気づけの第一歩

9、勇気づけの方法(4)アイメッセージを意識すると勇気づけにつながりやすい

10、勇気づけの方法(5)子供の長所と短所を書き出す

11、勇気づけの方法(6)さらに子供の長所を書き出す

12、勇気づけの方法(7)勇気づけをしてみよう

13、勇気づけの方法(8)勇気づけの基本態度を毎日確認する

14、勇気づけの方法(9)メールや手紙で勇気づける

15、勇気づけの方法(10)勇気づけ日記に記録する

16、おわりに:あまり字面にセリフこだわりすぎるのは良くないですよ

16、勇気づけ練習会のご案内

ダウンロードはこちらから↓↓

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

無料電話相談だけで解決したケースもございます。お気軽にお問合せください! TEL 03-6869-4297 9:00-21:00

不登校バトラープロフィール

早野智則。1982年生まれ。軽度の発達障害で衝動的、多動的、注意力なし。車の運転は絶対にしない。心理カウンセラー、マインドームコーチ。ペアレントカウンセラー。個性心理学インストラクター。トラウマやメンタルブロックを解除する専門家。埼玉県久喜市出身。不登校で私立城北埼玉高校を中退。さらに通信制の大宮中央高校をも中退。その後、松永暢史先生(累計70万部以上の伝説の家庭教師)の奇跡の勉強法に出会い、高卒認定資格試験に合格。その後、早稲田大学法学部に奇跡的に合格。卒業後は東証一部上場経営コンサルティング会社に勤務。不登校時代から対人恐怖症、うつ病で苦しむも、そこから奇跡の心理メソッドに出会い解決。同級生の半分は弁護士になったが不登校の時の悔しさを忘れられず、不登校支援の道へ。(ただ親は昔弁護士志望だったこともあり少し残念かもしれない。。)毎日寄せられる不登校の相談を聞いていてとても他人事には思えない。「人目が気になる。」「学校が怖い。」「本音で話せない。」「未来に希望が見いだせない。」「どうしたらいいのかわからない。」「こんなはずじゃない、悔しい!!」自分が苦しんだことが今苦しんでいる人を笑顔に変えることが生きがいを感じる瞬間。最強の心理メソッドと最高の学習法を掛け合わせて不登校支援に精力的に取り組んでいる。現在は株式会社FCファナッチ代表取締役、NRジャパン共同経営者。

PAGETOP