母子分離不安てご存知ですか??

不登校 母子分離不安

母子分離不安ってご存知ですか??

小学生の不登校の80%をしめるのが母子分離不安です。

ある精神科医が提唱した愛着理論に基づいています。

小学生の一部の子は母子分離不安だとお母さんから離れると情緒が不安定になってしまいます。

また、お母さんとお子さんの間で愛着不足が形成されてしまいますと、お子さんは判断基準が母親のためになってしまいます。

すると、、

「自分は見捨てられるのではないか。。」

「母親に嫌われるのではないか。。」

そうするとお母さんのためにが目的で生きる子になってしまい、燃え尽きてしまうのです。

受験、友人関係、スポーツ、などなどどれもが母親のためになってしまいます。

お母さんとしては、そんなつもりはなくても自動的にそのような状態になり、燃え尽きてしまいます。

そして、本人もそんなことには気づきません。

そういう人は意外にたくさんいます。不登校以外の人にも。

小学生以外の母子分離不安

さて、上記の母子分離不安ですが、小学生以外にも当然あります。

というか、人間ならだれでもその傾向はあるのです。

小学生と違ってわかりにくいだけです。(さすがに大人でお母さんから離れるとすぐに不安になるという人はあまりお目にかかりませんので。)

中学生や高校生の不登校も再度愛着を形成しなおせば解決します

大人の引きこもりも愛着を再度形成することで改善することが多くあります。

母親との愛着形成は幼少期になされますが、その時期を逃しても他の時期に愛着形成をし直すことが可能だからです

母子分離不安を改善するには??

受け入れてあげてください。子供を極力。

子供は今までしたいことが出来なかったのです。したかったであろうことをしてあげてください。(実際には100%というのは物理的にできませんが。)。

その時に注意しなければならないのは、親のやってほしいこと、親のしたいことではなく、子供のしたいことです。

恥ずかしながら私の場合は、長男だったので親にもっとかまってもらいたかったのです。。

私の親は私の話を聞いてくれ、ひざをさすって共感してくれました。

それだけで私はかなりうれしかったのです。

人は絶対的な安心感を得ていれば、勝手に巣立っていきます。

ある意味、さびしいものです。

常に、自分自身に次の2つの質問を問いかけ、実行する。

子供が僕は絶対に受け入れられていると思うには私はどんな行動をすればいいだろうか??

子供が僕は絶対に大丈夫だと思うには私はどんな行動をすればいいだろうか??

この質問に基づいて言動を変えれば、子供も変わります。

言葉で伝えるのが難しい、感覚的な領域ですが、これができるようになるとお子様との関係もだいぶ変わります。お子様の安心感、自信感もだいぶ違います。

では、またお会いしましょう。

PS:私はこの子を充分に愛してきたはずだとお思いになると思います。

しかし、愛情の必要量(さみしがり屋の度合い)は人によってかなり違います。

そういう子達は優しい子が多く、傷つきやすいです。

でもだからこそきっと大きな花を咲かせてくれると思います。

無料電話相談

03-6869-4297

本の原稿のダイジェスト版を無料プレゼント

『不登校はピンチの顔をしたチャンス』を読む

↓↓↓アマゾンキンドル電子書籍版はこちらから。
電子書籍 不登校

無料メール相談は下記をクリック!

メール相談