こんにちは。

『不登校というピンチをチャンスに変える』不登校アドバイザーの早野です。

今日は、『本当に不登校はチャンスなんですか??』というご質問をいただきましたので、その回答をご紹介しますね。

冷静に考えるとごもっともな質問ですね。ただ面と向かってこういうことを聞いてくれる方がなかなかいなくて。。。

不登校はチャンス??

矛盾するようですが不登校は別にチャンスではありません。

不登校とは単に『学校に30日間行かないことです。(病気などやむを得ない事情を除く)』。

それに対して、世間一般の人が条件反射的に学校に行けない→ヤバイ、ニートになる、社会に出れなくなるのでは、勉強が遅れる、将来が不安、親がうつになりそうと解釈をしているだけです。

本来は『学校に30日間行かないこと』ですので慌てる必要も親がうつになる必要もなく、その子の状態に応じて適切に手を打てばいいだけです。

その過程で家族の絆が深まり、子供の弱点が解消され、希望を見出し、勇気を出して行動をしていくことで力がつく。

不登校というのはある種の修羅場ですからそこで力をつけた人は普通にレールの上を走っている人よりも強くなる。

そこでいじけたまま力をつけなければ残念ながら。。。

子供本人でなくても家族の誰かが不登校という難局に対して、ピンチをチャンスに変えるんだと決意すれば大きく道が開ける。

家族の誰もが頭を抱えて単に落ち込んでいたり、お互いを責め合っていたりすれば単に時間が過ぎるだけです。

そういう意味では不登校=チャンスではなく、不登校をチャンスにすると決意するから結果としてチャンスとなるのです。

不登校の親や子供は非常に悩み、辛い想いをします。私はそのことをよく知っています。

だからこそ、不登校解決後には普通のレールの上をノホホンと歩いている人よりも大きく羽ばたいてほしい。

不登校の子は個性が強い子が多いので、それは充分に可能なのです。

ピンチをチャンスに変えると決意をしましょう!!

では、またお会いしましょう!!

PS:不登校という難局をチャンスに変える自信と決意がある方はご連絡ください!!

無料電話相談

03-6869-4297