こんにちは。

「不登校というピンチをチャンスに変える」不登校アドバイザーの早野です。

aEdfWyZdNAS94EW1502785877_1502786190

普通、カウンセラーや教師は生徒や親に対して指導をするのが仕事です。

問題点を指摘し改善策を指示するというイメージがあると思います。

お医者さんのようなイメージですね。

しかし、不思議なことに実際はその逆です。

カウンセラーや教師のほうがクライエントから学ぶことのほうが多くあります。

不登校 自然 (2)

そういう意味では不登校アドバイザーというのはとても幸せな職業です。

以前、経営コンサルティング会社にいた時には経営者の方から学んだことはたくさんあります。

そして、今の仕事でも不登校の子や親から同じくらい学ぶことがあります。

人生をとても真剣に生きているからです。

昼夜逆転していたり家庭内暴力をしていたりしてもあまり関係はありません。

ちなみにお医者的なカウンセリングの仕方を医学モデルや教育モデルと言い、そうではないカウンセリングの仕方を解決構築モデルや成長モデルと言います。

不登校の子の親の愛は深い

不登校の親の愛情には驚くべきものがあります。

驚くべき自己犠牲を発揮してまで子供のために何とか役立とうとしています。

私はいつもその姿勢に心打たれますし、愛について学ばせていただいております。

とても尊敬しています。

みなさん、とても勉強熱心ですし、粘り強いですし、冷静です。

恐るべきエネルギーをかけて子育てをしています。

とても謙虚ですし、人柄が素晴らしいと思います。

私も人格をもっと研鑽していかねばと身が引き締まります。(体重は増えていますが。。。)

私は不登校の子を見ていて「ゲームをやる感じで勉強をすれば誰もが東大に受かるだろう」とよく思いますが、不登校の子の親を見ていて「子育てにかける情熱をもって勉強すれば東大合格、仕事をすれば億万長者」だなと思います。

不登校 喜びの声

不登校の子の純粋さと才能

また、不登校の子はとても純粋です。

大人が適当にごまかしているものに対しても疑問に感じてしっかりと考えています。

私はその姿勢にとても感銘をうけます。

傷つくことも多いかもしれませんが喜びも大きいはずだからです。

イノベーションの原点でもあります。

純粋であり正義感が強く、善良であります。

さらには不登校の子の時よりみせる勇気にもかなり驚いています。

莫大な生命力が眠っていることを感じます。

他の人が同じ立場だったら勇気を出せるかどうかを考えるとほとんどの人が逃げを選択するであろうことを知っているからです。

勇気ある行動を取れたことを尊敬しますし、勇気ある行動の結果に何かの気づきを得られた際には僕もとても嬉しく思います。

芸術的才能や学問的才能、運動的才能がある子も多く、私には芸術的才能が無いのでとてもまぶしく見えます。

学生のうちから小説を書いていたり、作曲をしていたり、マンガを描いていたりという子はけっこういるのです。

 

親は自分を責める必要は無い

a5OiMzSQoUXihhw1502782703_1502783004

よく「親の育て方が問題」ということがありますが、あれは正しくは「親の育て方が問題と思っていたほうが問題解決しやすい」ということなのです。

まず、一番モチベーションの高い人が変わることで問題を解決していくのが鉄則ですが、不登校の場合はそれが愛情のある親なのです。(会社の場合は社長ですね。部の場合は部長です。)

冷静に考えれば子供が不登校になった時には「学校が問題」「友達が問題」「先生が問題」「マスコミが問題」「社会が問題」「子供本人が問題」と親だけでなくいろいろなところに問題があるはずです(笑)

それにも関わらず「親が問題」なのは親が一番モチベーションが高いので「親が変わりそれが本人に波及する」のが一番に効率が良いからです。

不登校の場合、本人は戦意喪失していますし、友達は変わる気はありませんし、先生や学校は忙しくて既にいっぱいいっぱいです。

その状況で親が「私は悪くない、○○が悪い」と言っていると何も状況は変わらないのですね。

なので、「親は自分を責める必要は無いけど愛情ある責任者として変わるべく努力することが最も効率が良い」のです。

あくまで「それが一番効率が良いから親が変わるべき」なのであって、子供や先生に対して逆ギレしたほうが解決に向けて効率が良い場合もありますのでそこは頭の片隅に置いておいてもかまいません(笑)定石を無視したやり方なので慎重にですが。。。

私はこれからも不登校の親やお子さんから学んで、学んだことを社会に還元していければと思っています。

では、またお会いしましょう。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 中学校教育へ
にほんブログ村

3COupn50k16Fd7s1502780585_1502781125