こんにちは。

「不登校というピンチをチャンスに変える」不登校アドバイザーの早野です。

HPに来ていただき有難う御座います!!

thank-you-2573104_640

悩みや問題とは「本当は」浅い川で溺れているようなもの????

学校に行っている子もいない子も、不登校の親も学校に行っている子の親も悩むことはあると思います。

悩むことでは老若男女みな共通です。

そして、「悩んだり問題を感じている人はみんな浅い川で溺れている」ということも共通です。

私は自分の悩みを通して痛感しましたし、人の悩みを聞いていて痛感しています。

「はっ、そんなわけねーだろ」と思うかもしれませんが今日はあるお父さんの事例をお伝えしましょう。

家族 守りたい

悩みの内容

Oさんは子供に対して受容、共感、子供を認めることを心がけ子供の状態がかなり良くなってきていたものの肝心なところでブチ切れてしまう。

それにより今までの努力が水の泡になってしまう、だから結局は子供が不登校ということを繰り返していた。

そして、冷静に考えると、人生がそんなパターンを繰り返していて、けっこう良い状態なのにオジャンになってしまうことがよくあったそう。

そんな自分を変えたいというのがOさんの相談内容。

%e4%b8%8d%e7%99%bb%e6%a0%a1%e3%80%80%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%ac

悩みや問題を整理する

Oさんの人生パターンをよくよく見てみると「もうダメだ」と思って投げ出してしまっていたことが何度かありました。

子供に対しても「もう無理だ」と投げてしまい子供から猛反発を食らうということが度々あったようです。(不登校の子で人生を投げてしまっている子は極めて少ないからです。できれば子供もそれでも認められたいと思っています。)

「もうダメだ」が口癖になっていて私へのメールのタイトルも「もう無理です」みたいなタイトルが多かったりします(笑)

そして、セッションでは「もうダメだ」と思った状況を私と1つ1つ整理して行きました。

すると。。。。。

%e4%b8%8d%e7%99%bb%e6%a0%a1%e3%80%80%e7%95%99%e5%b9%b4

「もうダメだ」では無かったことに気づいた

後悔したり悲しかったことも決してそうではなかったと。

「もうダメだ」どころか「むしろ恵まれていた」「チャンスだった」「ある意味順調だった」とOさんはそこで気づきました。

子供も自分も成長しているし良い人にも恵まれているし将来も明るい。(この方は最近はお子さんが学校にコンスタントに行っています。とはいえ、ここの文脈では学校に行っているとかはどうでもいいのです。何よりOさんの人生が開けていくということです。)

私が不登校はピンチはチャンスだと言う由縁です。

ここで注意しなければいけないのは「無理して」プラス思考をしてはいけないということです。

ライザップのダイエットのように無理してプラス思考をするとリバウンドでネガティブになり大変辛いです。。。

きちんとトレーニングをすれば誰でも自分が良くなるように考えていくことが出来ます。

トレーニングをしないと無銭飲食が出来ないのと一緒で強烈なしっぺ返しをくらいます。

弱さ 不登校 愛

どんなトレーニングをすればいいの??

その中の1つが物事を見た時に事実と解釈に分けるトレーニングです。

感情は事実→解釈→感情の順で生み出されるからです。

そして、客観的に事実に対して柔軟に思考できるようになるとかなり感情が変わります。

まず、客観的になるために事実と解釈と感情をわけるわけですね。

溺れているというのは主観的すぎるのです。

溺愛とか。。。
aEdfWyZdNAS94EW1502785877_1502786190

ダイビング 不登校

ゲーム依存になるって本当???

例えば、「ゲーム依存が心配です」を事実と解釈にわけてみましょう。

その時にこんなふうにすると良いと思います。

事実「子供がゲームを1日8時間50分やっています。食事の時もおりてきません。」

解釈「ゲーム依存になる可能性があるのではないかと思います。」

感情「だから、とても心配です。」とするのが良いでしょう。

ゲームをたくさんしているからといってゲーム依存の廃人になるわけではありません。

タバコを吸っている人が全員早死にするわけではないのと一緒です。

上記の例だといろいろなことを分析して今後のことを考えることができます。

そもそもゲーム依存って何??

ゲーム依存になる可能性は??

深刻なゲーム依存はどんなもの??

不登校の子はゲームに熱中しますがみんながみんなゲーム依存で人生を棒に降るの???(もちろんそうではありません 笑)

そうなのです。

客観的に調べれば調べるほどゲーム依存で人生を棒に降るというのは誇張されているのです。

客観的に探偵や科学者などになったように客観的に調べてみれば無駄な不安に押しつぶされることは無くなります。

%e4%b8%8d%e7%99%bb%e6%a0%a1%e3%80%80%e4%ba%ba%e7%94%9f%e6%88%a6%e7%95%a5

そして、次回以降はなぜOさんがことごとく溺れてきたのかをアイデンティティの面から見ていきます。

では、またお会いしましょう。最後までお読み頂き誠に有難う御座いました!!

PS:事実と解釈に分けて冷静に物事を見て人生の主導権を取り戻すという意味ではカリスマブロガーのちきりんさんのブログはオススメです。

不登校 自信
3COupn50k16Fd7s1502780585_1502781125

a5OiMzSQoUXihhw1502782703_1502783004
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 中学校教育へ
にほんブログ村

不登校・ひきこもりランキング