私はアスペルガーなのか??

この前、ある人に、「あなたはアスペルガーなんじゃないの??」と言われました。

%e4%b8%8d%e7%99%bb%e6%a0%a1%e3%80%80%e8%b3%aa%e5%95%8f

軽く嫌な感じがしつつも、言われてみると思い当たるふしがある。

たしかに、昔から変わり者だなーと言われてましたし、何でこれができないかねーと自分で自分のことを不思議に思うこともけっこうあります。今でもあります(笑)

まー、私は私に満足していますので、問題はないのですが、病院に行って認定されると毎月お金がいただけるとかで軽くテンションが上がりました。

余談ですが、私の尊敬する松永暢史先生も発達障害ぽいとほんの中で述べられておりました。(累計70万部以上の伝説の家庭教師です。松永先生は天才です。先生のおかげで私は大検から早稲田にうかりました。)

また、大阪で対人恐怖症専門のカウンセリングをしている西橋康介さんもアスペルガーと診断されたそうです。(西橋さんは対人恐怖症と検索すると2番目に表示されるほどのお方です。。)

現代の有名人や歴史上の天才は発達障害が多くいた(いる)ようです。

エジソン、トムクルーズ、本田宗一郎、レオナルドダビンチ、アインシュタイン、長嶋茂雄(笑)、勝間和代などなど。

さて、真面目に診断してみると残念ながら私はアスペルガーではないようです。。

そして天才でもないようです。残念です。

しかし、ADHDではあると思います。やはり残念ではないかも。。
aEdfWyZdNAS94EW1502785877_1502786190

アスペルガーとは何ぞや??

◎人間関係の障害

他人と適度な距離感でコミュニケーションをとるのが苦手。その場にそぐわない話をしてしまう。目が泳いだり、言葉の行間を読み取れないなどがある。

◎興味が限定されていてこだわりがある

興味があることにはすごく記憶していて集中している。しかし、こだわりを曲げることができないため、他人と衝突をしてしまう。

◎相手の立場にたつことが苦手
空気を読んだり、喜びをわかちあったり、相手の立場に立つことが苦手

職人になったらすごそうですね。

cropped-.jpg

ADHDとは何ぞや??

◎衝動的

何かを思いついたらすぐに動いてしまう。順番を守れなかったりする。人を怒らしたりする。

◎不注意

注意力が持続しない。忘れ物が多かったり、長時間の集中が苦手。

◎多動的

じっと座っていることが苦手。動いていないとダメ。黙っているのが苦手。

私は完全にあてはまりますね。。

まず、不注意。コンビニでバイトをしていた時はレジのお金が必ず合いませんでした。なぜ毎回合わないのか不思議で不思議で仕方が無かった。。

忘れ物やうっかりミスも今だに多いですね。。予定をよく忘れたりします。

車の運転は絶対にしません。

そして、衝動的。私の衝動的さはヤバいです。

まず、昔は突然キレて殴りかかったりしてました。自分でもびっくりしていました!!

他にも、突然衝動的に道の女の子に話しかけたりもしてました。。

大人になってからだと、ふと会社を辞めて起業しようと思ったら、その日のうちに会社に行かずに起業していました。。挨拶くらいしろよという気もします。。

自分でもけっこう信じられんとその時も思っていましたし、今でも思います。

なので親御さんの気持ちが少しわかる気がします。。

さらに、多動的。事務職とかは絶対に不可能です。座っている仕事をするなら死んだほうがいいです。。

不登校 中学受験

私の不登校、対人恐怖症は、ADHDが原因の一つ

冷静に考えると、私が不登校や対人恐怖症になるほど苦しんだのはどうやらADHDが原因の一つのようです。

なんとなく、人と違うことに罪悪感を感じるというか、そういう面があったのですね。

対人恐怖症も人が怖いのではなく、レールから外れるおそれとでも言いますか。。

まー今では、対処法をマスターしているので、まったく問題がないのですが。。

むしろ強みを活かしていこうと思っています。

最初から苦手なことはあほらしくてやりません。ミスして怒られるからです(涙)

私の場合は軽度であったのもあり、悪戦苦闘しながら、対処法をマスターしました。

しかし、不登校の方には今現在も戸惑っておられる方もいらっしゃると思います

不登校の方の3割程度が発達障害の疑いがありというデータもあります。

幸い現在では、発達障害に関しては改善方法が確立されています

賛否両論がありますが、発達障害改善しない派になっても良いことはありませんし、実際に改善している事例を実際に見れば一目瞭然でしょう、、、

さらに素晴らしいのは、改善方法を実施すれば、弱みを克服して、思う存分天才性を発揮できるわけです。

そして、国からお金をもらえる(かも)。

発達障害や不登校の無料診断をやっておりますので、興味のある方はこちらからどうぞ。

無料診断なのでカウンセリングや家庭教師と違い、遠方の方も可能ですよ。

自分と同じように苦しんでいる人に早く楽しい人生を送ってもらいたい!!

親御さんも、親が悪いのではないかと自分で自分を責めてしまう方が多いですが、一方で発達障害の可能性を考えてみてください。

発達障害は天才性を秘めていて、弱みを補完すれば社会で大活躍する可能性があるのです。

ハードルを共に軽々と越えていきましょう!!!

不登校 障害

本の原稿のダイジェスト版を無料プレゼント

『不登校はピンチの顔をしたチャンス』を読む

↓↓↓アマゾンキンドル電子書籍版はこちらから。
電子書籍 不登校
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 中学校教育へ
にほんブログ村

不登校・ひきこもりランキング