日本一の投資家

村口和孝氏をご存知ですか??日本一のベンチャーキャピタリスト、投資家です。

簡単に略歴を説明しますと、慶應大学を卒業し、野村証券系のベンチャーキャピタルに入社。その後独立。

そこからの実績がすごい。すごすぎる。異次元のレベルです。サッカーでいえばメッシ、野球で言えばイチロー。投資成功率が3割で天才なのですが、軽く5割を超えます。

成功したベンチャー投資はディーエヌエー、アインファーマシーズ(調剤薬局チェーン)、ウォーターダイレクト(水の宅配)、インフォテリア(ソフトウェア)、ジャパンケアサービス(介護)など錚々たる企業が顔を並べます。

さらにはふるさと納税の提唱者であります。。。。。。

投資で得た利益は300億円を超えます(笑)イメージが沸きません。

その村口さんと日本の教育について話してきました。

優等生は成功しない

成功した人はみんな葛藤を抱えた人。レールの上をそのままの人はたいしたエネルギーがでない。

ディーエヌエー創業者の南場さんもそう。

南場さんはお父さんがものすごい厳しかった。ちゃぶ台をひっくりかえしていた。

でもその環境の中でいろいろ葛藤があり、それを力に大成功した。

葛藤こそが成功。

葛藤というのはものすごいエネルギー状態。エネルギー状態が高いことが成功の条件なので、葛藤は成功の条件。

なんで私がこんな目に。。

なんで俺がこんな目に。。

なぜうちの家族ばかりが。。

それらの葛藤が偉大な力になる。

意味不明かもしれませんが、僕はそうだと思いますし、本当に苦しい時を乗り越えたらわかってくれる日が来ると思います。

不登校=弱い、発達障害=弱いは大間違い

僕は一応ジャンル的には不登校支援、発達障害・知的障害支援という枠組みですが、本音としては支援とは思っていません。

天才、偉大な才能、莫大なエネルギー、莫大な悔しさに対する投資と思っています。

むしろ未来の世界のために助けてもらうイメージです。

日本中でくすぶる天才たち、偉大な才能、莫大な悔しさを開花させていけるようにしたい。

そこに命をかける。

なのでマーケティング的には意味がないのですが、返金保証のサービスとしております。

失敗が許されない仕事なのですから。