本当の強さとは??

本当の強さとは何か??

『弱さを認めたうえで頑張れること』です。

不登校 弱さ

強いから強いのは当たり前で、それは逆風にすぐに折れてしまいます。工夫もしません。深みがありません。なので、あまり価値がありません。出木杉君が面白くないのもそこらへんに理由があります。

よく挫折した人ほどやさしくなれるといいますが、それは自分が弱いことが身に染みているからです。

だから、他の人の弱いところを見てもまー仕方ないかと思いますし、そこから立ち向かっていくのを見るとその苦労がわかるだけに客観的には大したことがなくても感動します。

また、弱いからこそ頭を使うようになりますし、チームで動こうとなります。動物の中で弱いほうの人間がこれだけのさばっているのもそれが理由です。

弱い人間にこそ深みがやどる(といいな。。)

弱さを受け入れることは並大抵のことではない

さて、人間は私も含めて弱さを受け入れることは出来ません。私が一番身に染みています。

すぐに人のせいにしてしまいます

まっいいかとなります。めんどうくさいのです。

現実を直視することができません

自分の弱さを受け入れて行動すれば早いのに。。

たとえば、受験勉強。自分のレベルを正確に知って実行すれば早い。

小学校のレベルでつまづいているなら小学校のレベルから、中学校のレベルでつまづいているなら中学校のレベルから。

しかし、現在のレベルを認めることが出来なければ、どんなに勉強しても永遠に成績は上がりません。

親子関係をよくしたければ、えっそんなことからやるの??ということをしなければなりません。

夫婦関係をよくしたければ、まじか!!というところからしなければなりません。

仕事で出世したければ、えっそんなとこまでということをしなければなりません。

自分の限界をわかっていて、人に助けを求められる人が強い。

自分の考えの限界をわかっていて、人に相談できる人が強い。

弱さ 不登校 愛

弱さを愛せるか??

さて、私もそうですがなかなか自分の弱さを認めることができません。

不登校や引きこもりの子の場合、どれだけ自分の弱さを認められるか、そのうえで問題に立ち向かっていけるか。実際にはそんなことはなかなかできない。ある意味、神のレベル。

その親の場合は、どれだけその子をありのままに愛せるか。弱い部分、ダメな部分も含めて好きでいられるか。実際にはそんなことはなかなかできない。ある意味、神のレベル。

夫婦関係もそうですね。ダメなところも含めて愛せるかが大事な気がしますね。

森田療法にこういう考え方があります。

『ありのままに認めたうえで、自分のしたい選択をする。そこに人間の尊厳がある。』

そういう生き方をしている人は感動的です。映画になれるでしょう。

しかし、そんなに強い人は稀ですので、自分の現実を認められない、逃げる、人のせいにする、人に頼れない、人に相談できない、それでまったく問題ありません。大変人間らしい!!

ですので、親も子も強くなるトレーニングを一つご紹介しましょう!!

自信貯金ですー。

なぜなら、逃げないには自信が必要です。

人に頼るには自信が必要です。

人に相談するには自信が必要です。

自分の責任と考えるにも自信が必要です。

そして、自信は簡単に育てることができます。

それが自信貯金です。

では、またお会いしましょう!!

無料電話相談

03-6869-4297