こんにちは。

『不登校というピンチをチャンスに変える』不登校アドバイザーの早野です。

電子書籍 不登校

今日は久々に不登校名言セラピーです。

今回は対人恐怖症から世界的企業を作り上げた似鳥照雄氏です。

非常に面白いです。

私は本当に大好きです。

本当に純粋なかたでロマンというか世の中を良くしたいという気持ちが強い方です。

家具やインテリアを買う際は○ケアや○塚家具や○天ではなく二トリから買いましょう。

よく落ちこぼれでしたという人がいますがこの方の場合は本当に落ちこぼれ立ったんだなと思いますね(笑)

今だと発達障害として扱われていたでしょう。

二トリ 不登校

似鳥氏の面白エピソード

●学校でも、ニタニタしているのでいじめられ、ニタリ君と呼ばれた。たしかに今の写真もニタニタしているようにも見えますね。

似鳥照雄 対人恐怖症

通信簿も5段階の1か2ばかり。母には「1が1番良くて、5が最低」とウソをついていた。それがなぜか長い間ばれなかった。

何も知らない母は井戸端会議で「うちの子は1とか2ばっかりで優秀なんだ」と自慢をしていた。」

●「試験科目は英語と経済学。そこでカンニングを思いついた。」

●父から毎月1回ぐらい気絶するまで殴られた。

●熱があっても手伝いは、休めない!

壮絶なのですが語り口が明るくて面白いんですよね。。。

めげないというか。。。

似鳥氏の名言

これだけの値下げができるのは、もともと素人だった私たちが工場経営から船の手配や貿易実務まで、仕事を全部手がけているからです。聞いただけで気が遠くなるでしょう?

さすがです!!

二トリ 産業

日本国民に欧米並みの豊かな住環境を提案したい

素晴らしい!!

こういう人が社会を作ってきたのですね。

人間の一番高度な欲求は自己実現です。それが働くうえでの一番のモチベーションになります。単に給与や役職がもらえるということでは弱いのです。仕事を通じて社会に貢献できるという達成感こそが、最高の褒美なのです

特に今の世の中はもともと豊かなので滅多なことでは人は動きませんよね。

今の教育はアメとムチというか危機感をモチベーションの源泉としている昭和の教育なので今の時代には限界があると思いますね。

人間は現状を否定することからのみ成長することができます。取り柄ができてしまうと、どうしても守りに入ってしまいがちですが、それでは進歩発展していきません。昔は優秀だった人が、いまでは錆びついてしまって使い物にならないということはよくありますから

自己肯定感が高いから自己否定して革新していけるわけですね!!

重視するのは成功するまで諦めない執念深さです。様々なことを学び、失敗を恐れず、前向きに乗り超えていける人はどんどん伸びていきます

なるほど。。。

ドラえもん 名言

常に刺激を受け、新しい発想を得ることが成長に不可欠

そうかもしれませんね。。。

短所ありを喜び長所無きを悲しめ

不登校のみなさん、おおいに喜びましょう!!

成功するには2倍努力するか、人のやらない事をやるしかない!

なるほど。

2倍は頑張れないから他の人とは違うことをやるしかありませんね。

頭が悪いのだから、有名大学を出た優秀な人材を使えばいい

そのとおり!!

私も対人恐怖症がなかなか治りきらなかったのですがその時に苦肉の策で周りの人に働いてもらう方法を会得しました。

入社1年目でした。。。

今年からは働き方をその時のスタイルに変えていこうかと思います。

『得るものがあれば失うものがありますし、失うものがあれば得るものもあります。』

それは真理だと思っています。

目が見えなくなれば耳が聞こえますし、他の感覚が発達します。

人間も弱いからこそ知恵を使って動物の頂点にたてたはずです。

コンプレックスに挑戦していくのはとてつもなく苦しいことですが似鳥氏の話を聞くとその勇気が少し沸いてきますね。

なので、私は2日や3日とはいえ勇気を出して学校に行く子をかなり尊敬しています。

また、人によりますが外に出ることすらもかなり尊敬しています。

ではまたお会いしましょう!!

本の原稿のダイジェスト版を無料プレゼント

『不登校はピンチの顔をしたチャンス』を読む

無料メール相談は下記をクリック!

メール相談