こんにちは。

「不登校というピンチをチャンスに変える」不登校アドバイザーの早野です。
aEdfWyZdNAS94EW1502785877_1502786190

次のような事例を見てどう思いますか???

ケース1:私立中学不登校から中退し、高卒認定試験を取得し、早稲田大学に進学。(私と瓜二つですが私ではありません 笑)

ケース2:不登校から大学に進学し、一流と呼ばれる企業に入りました。

ケース3:不登校から学校に復帰しています。

ケース4:不登校から大学に入り、社会人になり、NPO的な社会的に大変意義のある仕事を生き生きとしています。

この4つは最近に相談のあった事例です。

この方達は不登校の問題を解決していると言えるでしょうか????

%e4%b8%8d%e7%99%bb%e6%a0%a1%e3%80%80%e8%b3%aa%e5%95%8f実は解決していなかった

実は上記の4人は全員解決しているとは言えません。

というのも、ケース1は大学で不登校。(資格スクールには行っていますのでそれで良いではないかとも思いますが。)

ケース2は仕事がつまらなくて死にたいらしいです。(一応、会社には行っています。)

ケース3もそれなりに楽しい学校生活を過ごしているそうですが。。。

ケース4は大変意義のある活動を生き生きとしていますが常にかなり深刻な漠然とした不安が重くあるそうです。
PAK86_kononihonwokae20140713_TP_V

過去の不登校経験者はどうか??

私は仕事柄、多くの元不登校の方と交流がありますが、根本解決をしているなというケースは極めて稀です。

もちろん、「人間は誰でも悩みがあるのだから仕方ないでしょう」と言われればそうです。

根本解決の話になると「外に出ているかどうか」「学校に行っているかどうか」「学歴や職歴」では人の幸せが測れないことがとてもよくわかります。。。

今後は「学校に復帰する」「居場所を作る」「進学する」などの結果面を重視することをやめてより本質的なことを重視して支援していこうと考えております。

不登校問題の根本原因について一番うまく説明しているのは精神科医の岡田尊司さんの愛着障害という概念です。(身体障害や知的障害のような病気ではありません。紛らわしいですが。。。)

しかし、最近より深いところに根本問題があることがわかりました。

判断の基準はどの程度の自己肯定感があるかどうかです。(そういう意味ではまともに生活している人の中にもかなり問題のある人が多いこともわかってきました。つまり学校に行っている人や仕事をちゃんとしている人。)

次回からは根本原因についてご説明をしていこうと思います。

それ以降は根本解決した事例をお伝えしていきます。(学校に行っているとか良い大学に行ったとかそういう次元ではない話になります。なので、少しわかりにくいかも。。。)

鍵は昨日も言ったようにアイデンティティーにあります。アイデンテティーがダメだと自信があろうが継続登校が出来ていようが良い大学や会社に入ろうが結局はダメなのです。

o0795045113246713117

では、またお会いしましょう。最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
3COupn50k16Fd7s1502780585_1502781125

a5OiMzSQoUXihhw1502782703_1502783004
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 中学校教育へ
にほんブログ村

不登校・ひきこもりランキング