不登校と心療内科:薬はどうなの?

あなたは心療内科に行ったことありますか??ないですか?

実は僕は一度だけ行ったことがあります。
その時は、君は大丈夫。大丈夫。どう考えても大丈夫でしょ(笑)と言われ、一応薬をいただきました。そして、その薬を飲むと眠くなる。


今考えると、君は重症だと言われ、薬漬けにならなくて良かった!!

さて、多くの不登校の方が心療内科に行き、薬をいただくようです。薬では根本的には問題は解決しません。そりゃそうですよね。

ここ20年で精神薬の市場規模は4倍になりましたが、精神疾患は減っていません。あなたが製薬会社にお勤めでなければあまり薬を飲むメリットはありません。

また、副作用の問題が大きく、例えばうつ病の有名な薬は「自殺したくなる」「幻覚、幻聴が起きる」といったことが薬事法で定められている添付文書の副作用の欄に書いてあります。(つまり製薬会社の公式情報ということです。)さらに、再発率も高く、約80%が再発しているというデータがあります。

対処療法的には意味がありますが、以下の代替案はいかがでしょうか

精神安定剤
ウォーキングとかカラオケでいいんじゃないでしょうか。まー、ゲームでもいいでしょう。
副作用がなく、お金もあまりかからない。逆に体力がついたり、歌がうまくなったり、ゲームがうまくなったりして友達にすげーと言われる。
大人的にはあまり感心できないかもしれませんが、子供社会では重要なことです。

 

心療内科も千差万別ですが、通う場合はよくよく吟味して決めましょう。

一番のお勧めは栄養療法

さて、薬を飲む目的は身体の中である物質を分泌したいからですが、別に薬でなくても食事の改善により同様の効果をあげることができます。代々木にあるナチュラルクリニック代々木では栄養療法、食事療法により薬によらない心療内科として大きな成果をあげています。

食事療法、栄養療法に興味があるという方は下記からご相談ください。

心と身体はつながっているので、漢方的な考え方で心と身体を強くしていくことが不登校解決には必要です。

無料相談、お問い合わせ、資料請求はこちらから!!

では、また。

本の原稿のダイジェスト版を無料プレゼント

『不登校はピンチの顔をしたチャンス』を読む

↓↓↓アマゾンキンドル電子書籍版はこちらから。
電子書籍 不登校
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 中学校教育へ
にほんブログ村