こんにちは。

『不登校というピンチをチャンスに変える』不登校アドバイザーの早野です。
aEdfWyZdNAS94EW1502785877_1502786190

 

ところで、ヘリコプターペアレントやカーリングペアレントって聞いたことがありますか??

この2つは過保護の一種です。

不登校 ヘリコプターペアレント

ヘリコプターペアレントとは??

ヘリコプターのように子供につきまとい、トラブルに対してヘリコプターのように降りてくる親のことをヘリコプターペアレントと言います。

アメリカで出来た言葉だそうです。

子供に何かあったらすぐに介入してくるのですね。そして子供の変わりに親がやってしまうケースが多いです。

子供が大切すぎて子供の前に横たわる障害を取り除いてしまうわけですね。

・家事を全くさせてくれない。

・友達付き合いに過度に干渉する。

・部活や進路を勝手に決める。

・友達と遊ぶのについていく。

・デートについていく。

そうなると、当然のごとく子供は自立して問題に対処する力が全く育ちません。

カーリングペアレントとは??

カーリングをする時のように親が必死になって、全てお膳立てして、子供が滑りやすいようにする親のことをカーリングペアレントと言います。

スウェーデンの言葉だそうです。

子供は何もしなくても道を切り開いていけますので、自立する力が全く身につきません。

不登校 カーリングペアレント

過保護の問題点

過保護の問題点は、失敗をしたり、悩んだりする経験を積めないことです。

人間は失敗したり、悩んだりしないと成長しません。

なので、自立をすることが出来ません。

また、失敗した自分を受け入れることが出来ませんので、過度に完璧主義で自分に自信が無く、人からの言葉に傷つきやすく、些細なことでいつも自分で自分を責めてしまいます。

完璧

さらに、親に対して『失敗した自分は受け入れてもらえない』と無意識のうちに受け取ってしまうので、親子間の信頼関係はありません。

このように子供に対して過保護に接することは、

①自立を損なう

②精神的健康を損なう

③親子間の信頼関係を損なうという大きなデメリットがあります。

以上のように過保護は辞めるべきですが、まずは過保護であることを自覚する必要があります。

一度、パートナーや友達に自分の子育てについて過保護に陥っていないかを聞いてみるべきでしょう。

GOOD LUCK AND GOOD FORTUNE!!(成功を祈ります)
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 中学校教育へ
にほんブログ村
a5OiMzSQoUXihhw1502782703_1502783004

gHk7zmC9VPt_PCU1502784595_1502784824