不登校相談事例

こんにちは。

”不登校というピンチをチャンスに変える”不登校アドバイザーの早野です。

毎日、日本全国から不登校や発達障害に関する質問をいただきます。

そこでみなさんからよく質問されることでこれは他の方の役にも立つのではないかということをお伝えしています。

質問した方が特定されないように、具体的なことはほとんど触れていない点はご容赦ください。

不登校が劇的に改善されるケースとは??

不登校が劇的に改善されるケースとは??とよく聞かれます。

そして、これは不登校や発達障害に限らず他のどんなことにも共通するような気がします。

不登校が劇的に改善されるケースはどんなケースか??

ちょっと考えてみてくださいね。。

不登校 大自然

 

 

 

答え

答えは『本人が問題だと認め、真剣に前向きに改善に取り組んだとき。不登校やひきこもり、発達障害は劇的に改善します』です。

しかし、実際にはそんなケースはほとんどありません。

『俺は不登校じゃない!!』

『カウンセリングなんか受けん!!』

『フリースクールなんか行きたくない!!』

『今のままで何も変えたくない!!』

というケースがほとんどです。

人間は基本的に問題に直面できない

しかし、それを笑ってはいけません。怒ってもいけません。

なぜなら人間は問題に対して直面して腹をくくれないからです。

三菱自動車の不祥事、東芝の不祥事、舛添要一都知事の不祥事。。大人も問題に対して腹を全く括れずにこのような状態にまでなってしまっています。かなり優秀な人たちですよね。

私もなかなか不登校の時は問題に対して前向きに腹をくくって改善に取り組めていたかというと取り組めていませんでした。。。腹を括ったらとんとん拍子に行きましたが。。

私もあなたも問題に対して腹を括って直面はなかなかできないのです。

ここから得られる教訓とは??

さて、ここから得られる教訓とは何でしょうか??

『問題に対して前向きに真剣に改善に取り組むようになること』を一つのゴールとして設定し、そのような状態になるにはどうしたらいいかを考えること。

上記のような理想の状態になればトントン拍子に改善します。普通にしていてそのような状態になることはありえません。

上記のような理想の状態になるにはどうしたらいいか???を考えるべきです。

自信貯金を毎日毎日コツコツと積み重ねる

一つの方法は自信貯金を毎日毎日コツコツと積み重ねることが重要です。

人間は物事をあるがままに見ることはできません。それは自信がないからです。

努力もできません。それも自信がないからです。

今の状態から抜け出そうともしません。(コンフォートゾーンといいます)それも自信がないからです。

何をするにも自信が必要なのです。

劇的に改善するケースは自信貯金がある程度貯まったから起きたケースが多かったのです。

奇跡を待たずにやるべきことをやりましょう!!

それでは、またお会いしましょう。

無料電話相談

03-6869-4297