よくあるご質問にこの場でお答えしますね。

毎日、いろいろな質問をお受けします。

その中でよく聞くなーという質問をここであげますね。

もしかしたら他に実は私もそれを聞きたかったという方がいらっしゃるかもしれませんので。

あと相談された方が特定されないようにいろいろアレンジを加えてますので事実とかなり違いますことはご了承ください。

不登校経験はハンディになるか??

結論から言うと『不登校経験は特にハンディになりません。』ハンディがあれば私に教えてほしいくだいです。まったく思いつきません。

もう一つの理由は人間はみんな人それぞれがハンディを持っているから。

人間はみんな見方によっては不利な部分を持っています。顔が悪い、頭が悪い、運が悪い、寿命が短い、親が悪いなど。

そういった意味で、不登校経験に不利な部分は当然あります。逆に有利な部分もあります。言ってしまえばどんな物事にも見方によっては有利な部分と不利な部分があり、不登校経験も同じことで普通のことです。

不利な部分は、公立高校受験、友達と中学や高校の時の話をするときなど。まーそのくらいです。

卒業式の話などを聞くと私はぽかーんという感じですが、困るのはそのくらいですね。高校なんかどこに行ってもかまいません。

もし、不登校経験によるハンディを気にするようでしたら、人生には他にも不利になるんじゃないかということがたくさんありますので、そのたびに心を消耗するようになります。

本当の問題は、現実の条件ではなくあなたの内面、ものの見方にあります

まず、ありもしない不利な部分におびえる生き方と不利な部分が仮にあったとしてもどっしりとかまえて解決していく生き方だとあなたはどちらがいいですか??

決断が最初に重要です。

次にものの見方は練習ですので、トレーニングで変わります。

◎自分の不利な部分があるような気がしたら、相手の不利な部分を探します。あなたが何かで劣等感を感じたら、でもこいつよりも顔がいいとか、頭がいいとか、ゲームがうまいとか何でもいいので探して、まーどっこいどっこいだなと、実感してください。

◎自分の良い部分を毎日見つけるようにしましょう。毎日10個づつ書いてください。自分で自分を受け入れていないことが本当の問題であり、何かのコンプレックスは実はさほど問題ではありません。

◎最悪の状況を考えてみましょう。例えば、不登校が原因で差別され、就職できなかったとしましょう(架空の話ですよ。)。それで自分で自分に質問をしてみるのです。

もしそうなった場合、私は困るだろうか??

困らないとわかるはずです。なぜなら、今の日本で飢え死にすることは至難の業だからです。

親のすねをしばらくはかじれますし、生活保護がありますし、自分で起業してもいいですし、何より将来は仕事は全部ロボットがやってくれるので問題ありません!!

これを読んでバカバカしいと思われるかもしれませんが、大体の気にしていることってそういう部分があるんですよ。だから大丈夫ですよ。

では、またお会いしましょう!!