悩みや不安な心はどうしたらいいのか??

不登校 中学受験

お子さんが不登校になると悩みに押しつぶされそうになることがあると思います。

不安に押しつぶされてその反動で怒りを爆発させてしまう。

どうしても後ろ向きに考えてしまい、よけいに子供を落ち込ませてしまう。

感情のおもむくままに何かを言ったり、やったりしていてはよけいに状況が悪化してしまいます。

一番もったいないことはプレッシャーのあまりに自滅してしまうことです。

悩んだまま動けない、ということもあります。

また、仕事のことや家族のこと、その他のことでも悩むときがあると思います。

そんな時はどうすればいいのでしょうか???

紙にとにかく思いついたことを書き出すこと

そんな時は自分を客観的に見れるようにすることが重要です。

一度紙に考えていること、感情を書き出せるだけ、書き出しましょう

心理学的には無意識の意識化といいます。

極力、もやもやしているものを言語化するのです。

言語化されればそのもやもやを整理することができます。

整理整頓がされていれば無駄に思い悩むこともありません。

気持ちを整理した後は??

ここでも思いついたことをどんどん書き出しましょう。

取れる選択肢にはどんなものがあるか??

思いつくかぎり、書き出してみましょう。

そして、その中から優先順位をつけて一つ一つ潰していきましょう。

そうしたら、気持ちもすっきりして、的確に行動に移せるはずです。

うまくいかなくてもすぐに修正できるようになっているはずです。

まとめ

悩みや不安に押しつぶされそうなときは、

①気持ちや考えを紙に思い付いたままに書き出す。

②気持ちが客観的に見れるようになったら、選択肢を書き出せるだけ書き出す。

③書き出した選択肢の中から優先順位をつけて、できるものから順次実行していく。

簡単ですね。白い紙の前に座るか、どうかですので。

では、またお会いしましょう。