こんにちは。

『不登校というピンチをチャンスに変える』不登校アドバイザーの早野です。

電子書籍 不登校

いきなりですが、人が変わる方法は3つしかないと言われています。

①場所を変える。

②付き合う人を変える。

③時間の使い方を変える。

自分を変えようと思ったら自分の周りの環境を変えるということですね。

人間はしょせんは環境の産物なのです(ある程度はの話です)。

要するに普段付き合っているコミュニティーを変えようということですね。

同じ知能だったとしても開成高校にいれば東大にいくのが当然だと思えますが、久喜高校にいると東大はあたりまえではありません。

周りの人が起業して成功している人ばかりだと当然に自分も成功するものだと思います。

周りの人が不登校でも生き生きとしているとそれが当然になります。

周りの人が学校に復帰していればそんなもんだと思います。

もうすぐ夏休み

不登校 夏休み

夏休みはその3つを変えることができる絶好の機会です。

まず、外に出やすくなりますし、時間の使い方も変えることが出来ますし、人に会いやすくもなりますし、旅行もしやすいです。

友達や親戚とも会えるかも知れませんし塾にも行けるかもしれませんし、自然にも触れ合えるかもしれません。

環境を変えることによって自分自身を変える絶好の機会が夏休みです。

そんなあなたにイベントのご案内です。

不登校 お茶会

7月29日①13時から14時半②15時から16時半で最寄りが木場駅の会場で交流イベントを開催します。

各回8名限定です。

会費はお茶代1000円です。

テーマは元不登校から社会で活躍するする4人と不登校の親や子との交流イベントです。

子供も参加可能です。

子供は一緒にゲームしましょう。今のところ

次回とその次とその次は子供が主体のイベントになりますので親が主体で参加できるのはしばらく先になります。

我々のコミュニティーは元不登校からの社会人が100人以上いるコミュニティーです。

①おバカで明るい人間が多いです。

きっと毎日に対するスタンスが少し変化するのではないかと思います。

特に河合さんと私が頭が悪いです。

東大もいますが東大ってたいしたことないなと思えると思います。

尖っている部分を活かして逞しく生きている人間が多いです。

ダンサーもいればミュージカル俳優もいますし映画監督もいれば漫画家もいます。

東大もいますし社長もいますしITエンジニアもいれば職人もいますしセラピストもいます。

明るいのんきなフリーターもいます。

③我々は不登校をそれほど悪いことだとは思っていないのですが不登校でも何とかなりそうだなと思えるはずです。

人生を諦めた暗い親の会(一部)には参加してはいけません。

8月は27日に開催で高尾山ハイキングの予定です。

%e4%b8%8d%e7%99%bb%e6%a0%a1%e3%80%80%e6%9a%97%e8%a8%98

今回参加するメンバー紹介

【山田あかね】
中学時代に約1年半の入院生活を経験。高校中退後、東京大学を卒業。

公務員として勤務後、子ども時代に言葉で自分の気持ちを表現出来なかった経験から「フィロソフィア国語教室」西荻窪駅前室長として、言葉による自己表現の重要性を伝える。

→→正式でない補足

山田さんのあだなはポニョ。ジブリのあれですね。もしくはあかねちん。

何かを忘れることが多い。鍵とか財布とか。塾では子供にダメだしされている日々を送っている。かなり優しい。お人良しとも言える。

朝起きれず集合時間に大体遅刻してくる。

 

【早野智則】
高校中退後、独学にて大検(現・高卒認定)を取得。早稲田大学入学後に対人恐怖症を発症するも克服し、中小企業のコンサルティング会社に7年間勤務。不登校支援団体の株式会社FCファナッチ代表として、カウンセリングと家庭教師を行っている。

→→正式でない補足

河合さんとはお互いに馬鹿にし合っていて『早野さんは一皮向ければ大物になる(今は小物ということ 笑)』と言われている。

私も河合さんは『将来はいつか成功すると思うんだよな(とおーい将来に成功するかも。今は全く成功していない。)』と言っている。

河合さんとわたしでお互いに常識が無いと日々ディスりあっている。

【松井 和輝】
中学・高校ともに不登校を経験。それが原因で自殺未遂を経験。現在はその経験を生かして、「学校に復帰するだけでなく、本来の純粋な自分を取り戻すことを第1の目的」として、300組以上の親子の問題解決を行う。親御さんからの相談は1000件以上。不登校のお子さんに対しては、ヒッチハイクや山登りなどをワークとして一緒に行うことで、本来の自信を思い出すメソッドを行なっている。「不登校変革部」では不登校における勘違いと解決法をブログや音声で配信している。

 

→あだ名が船長で我々のリーダー的存在。ちなみに22歳。

身体が非常に大きい。こういう子が家庭内暴力だと嫌だなと。。。

話が脱線しまくりぬけているところを補足してくれる。一番しっかりしている(笑)圧倒的にしっかりしている。

河合さんはかなりの年上にもため口だが松井君には敬語(笑)

河合未緒
中学校3年間不登校。定時制高校に入学後、女子美術大学短期学部デザインコース卒業。旅行業界に5〜6年、婚活会社の旅行企画3年。フリーライターとして活動する傍ら、ICTを活用した学習支援団体のボランティアを経験。その後、ITから不登校を支援する株式会社Marianneを設立。不登校生と親のためのメディア「Load」カウンセリングサイト「Clue」を制作。

→かなり多才で絵も描けるし、文章も書けるし、着物も作れるし、事業も作れる。

お金持ちにはなれそうだが結婚は先そう。。。

言い方が少しきつく私は最初『なんだこいつは』と思った(笑)

我が強く私と意見が対立するとえんえんと平行線。親は大変だったろうなと。。。

朝起きないのは変わらずかも。(必要があれば起きる)

純粋で子供想いではあります。

*メンバーの方々はこのブログを見ませんように!!アーメン!!

下記のメール相談からお申し込みください。①名前②参加人数③参加希望時間

16名を超えてもう終了だと思っていたのですがほとんどが第一部でして、第二部が残り枠があと2名です。。。

本の原稿のダイジェスト版を無料プレゼント

『不登校はピンチの顔をしたチャンス』を読む

無料メール相談は下記をクリック!

メール相談

PS:今後は相談する側と相談される側の垣根を無くしていくような方向を個人的には考えています。

今までも一部の親や子とは無かったのですが。。。

あまり遠慮する必要はありません。。。

試行錯誤していきますねー。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 中学校教育へ
にほんブログ村