こんにちは。

早野です。

久しぶりの雪でしたね!!

いかがお過ごしでしたでしょうか??

お身体に気をつけてご自愛くださいませ。

 

★元引きこもりの千原ジュニアの記事

『不登校から成功している人がこんなにいるよ』

ということへの反論として、

親御さんから『ウチの子がそうなるとは限らない』という

ご意見をたまにいただきます。

それはそうですね、、、

あなたのお子さんがお笑い芸人や女優として成功する確率はかなり低いと私も思います、、、

私も教え子が『芸能人になりたい。本気で目指します』と言えば正直複雑な気分です、、、

しかし、私はこう思います。

大事なことは、、、

先人の人生の結果ではなく、

先人の本質を見ていただき、

それを目の前の現実に応用していただくことではないかと。

どんな話にも、

ご自身の状況に役立つことがあると思っています。

厳しい言い方をすれば、

『ウチの子がそうなるとは限らない』

というのは依存なんですよ。(半分冗談ですのであまり真に受けないでくださいね、、、)

そこで今日は千原ジュニアさんの記事をご紹介しますね!!

https://withnews.jp/article/f0180827000qq000000000000000W09i10101qq000017448A

 

★私は芸能人ではないですが!!!

 

上記の千原ジュニアの記事より。

>「どうしてみんなと同じ道を歩けないんだろう」

>たとえば幼稚園のとき絵を描いたら、先生から「太陽はむらさき色じゃない」と怒られました。

>独自の感性が、周りになかなか分かってもらえませんでした。

>『みんなと一緒であるべき』とされているのが、僕は嫌で嫌でたまらなかった。

>『キレイに整列しろ』とか『ここに名前を書け』みたいな、そういうことのひとつひとつが僕にとっては何よりも苦痛でしたね

 

私もそういうところがあり、

ボディーブローのように知らないうちに効いていました。

これは非常に苦しいことです(そしてなんでこうなっているのかがわからない 涙)。

私もまさか自分が身動きを出来なくなるとは夢にも思いませんでした(涙)

そこらへんは不登校の子はけっこう共通しているのではないかと思いますね。

成功や不成功、地域、職業、性格、能力、人種、年齢、性別を越えて!!!

さらに上記の記事より抜粋。

>(インタビューアー)当時は何が心の支えでしたか?

>(千原ジュニア)うーん、支えはなんでしょう? 「まだ見ぬ世界」が支えでしたね。

>「居場所がどっかにあるはずや」みたいな感じでした。

>おばあちゃんにも、だいぶ支えられたところがありましたね。

>支えになっている言葉は色々ありますけど、「みんなと違っていいんだよ」というようなことを色んな角度から言うてくれてたような気がします。

私はどうしても難しければ最悪は中国に行こうと思っていました。

確率的に世界には70億人いて、いろいろな価値観があるから、

どこかが私にもはまるだろうと思っていたのです。

で、冷静に考えれば、中国が一番人口が広く、国土も広い(漢字だし)。

2000年代初頭の中国に目をつけた私にはそこその先見の明が無いですか(笑)

まー、普通に日本の中だけでそれなりに広かったのですが、、、

さてさて、『ウチの子にはそんな行動力はない』と思われるかもしれません。

しかしですよ、、、

>色んな角度から言うてくれてた

それが大事です。

いろいろな角度から手を変え、品を変えやっていくのが大事かと思います。

千原ジュニアのおばあちゃんのように!!!

>「まだ見ぬ世界」が支えでしたね。

『まだ見ぬ世界』=『まだ試していないこと』、

はあなたのお子さんには無限にあるはずです。

別にお子さんの行動力や度胸は必要ないんですよ。。。(あっても良いですが)

表面的な話の外国がどうとか、おばあちゃんがどうとかに惑わされないと良いと思います。

(そこも1つの重要なポイントなんですが。物事をどのタイミングにどの角度から見るかかと思います。そこは自由です。)

千原ジュニアとロンブーあつしの名言

【再掲載】不登校名言セラピー⑫元不登校の田村淳、千原ジュニア『人生とは骨折である。折れたところが強くなる。』

★小学校不登校の日本を代表する社会起業家の山口絵理子さんの話

不登校名言セラピー26回 マザーハウス社山口絵美子氏『裸でも生きる』

山口さんの話より抜粋。

>柔道部の練習を偶然のぞいたら、これなら私にもできそうだと感じて。

山口さんは柔道部が転機になったのですね!!

まー、ここも目先の現象に惑わされずに、

ウチの子には『柔道なんて無理』とか『そんな根性ないわ 笑』ではなく、

『これなら私にもできそう(@お子さんなりの)』という本質を探すべきなんです。

発明王エジソンのようにですね!!!

ちなみに、山口さんのお父さんの『逆境の教科書』はオススメです。

https://www.amazon.co.jp/dp/B017CL8O4I/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

さらに山口さんの言葉です。

>デザインが浮かんでくるのは、素材を触っているときです。

>ジュート(麻)をはじめ生地には「こういう形になりたいんだよ、僕は」という主張があります。

>それをすくい上げるのがデザイナーであり、それは現場でないとできません。

>不登校の子はこういう感性を持っている子が多いのではないかと思いますね。

私もお子さんやご家庭を見ていると『こうなりたいんだ』というのが見える時があります。

(まーそれが正しいという保証はないのですが 笑)

なので非効率ですが、なるべく家に行くようにしているのです。

(一箇所にいるのが嫌なのもありますが、、、それにしても最近は遠方が多い 笑)

下記は私の同居人の子が好む神作画と言われる『外人が好きな日本のアニメのNARUTO』とその主題歌です。

かなり深くないですか???

映像とマンガの内容(読んだことないですが 笑)と歌詞の韻の踏み方と哲学的な歌詞と日本文化の伝え方と海外の方の反応といろいろなタイミングがですね。(何より題名が素晴らしい)

20歳そこそこで大して勉強していない割には絶妙のバランス感覚だと思いませんか???

★他に、、、

中川翔子と赤川次郎の話

不登校名言セラピー⑬元不登校のオタク系女子の中川翔子、赤川次郎

障害者からの成功者の名言

不登校名言セラピー21 ミルトン・エリクソン,和佐大輔

元不登校の指原莉乃と星野源

不登校名言セラピー 22 元不登校の星野源と指原莉乃に学ぶ逆転力とは? 

学校に行っていなかった戦後の経済界の大成功者

不登校名言セラピー22 大前研一、斎藤一人

上記の納税額日本一の斉藤一人さんの話より。

>不登校の子に親がしてあげれることは3つある。

>①信じてあげること。

>②働くことは楽しいことなんだと教えてあげること。

>③自分で考える材料を与えてあげること。

>だそうです。

私もそう思いまして、、、

今年から『働くことの面白さを実感』してもらうために、

私のもとでのバイトプログラム(当然に報酬あり)を加速させていきます。

最近、私が尊敬している不登校の親御さんで『無敵の母さん』という方がいます。

https://twitter.com/mutekinokasan

無敵の母さんは言います。

『子育てや心理学の本よりも、命がけの経営や事業に関する本のほうが子育てには役に立つ』

私も全く同感でして、、、

最後にこちらの記事になります。

不登校名言セラピー23:経営の神様の松下幸之助:子育ては一大事業!!

子供が不登校でも絶対に落ち込まない方法

では、またお会いしましょう!!!

私が10代、20代で苦しんだことがあなたのお役に立ち、

あなたのお子さんの幸せにつながればこの上なく幸いです。
メンタルコンディション調整マニュアル
日本ブログ中学校教育ランキングで1位になりました!!!
不登校・引きこもりブログランキングで1位になりました!!!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 中学校教育へ
にほんブログ村

不登校・ひきこもりランキング

 ■読むと前向きになり親子ともに成長していける!!不登校解決無料メルマガのご紹介
メルマガ登録

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

★ピンチはチャンス!!!

不登校から2回高校中退、高卒認定試験合格、早稲田大学を卒業した早野のメルマガです。

子供への接し方、親のメンタル改善法、勉強法、子供の個性の活かし方、など盛りだくさんです!!

★マル秘情報も多数あります。メルマガ登録解除もワンクリックでOK。

★本音で語る面白い話、笑える話、だからこそ役に立つ話がたくさんあります。

苦しい日々でも前向きな気分になることが出来ます!!

一緒に頑張りましょう!!

★メルマガ読者様の声のご紹介の一部

いつもメルマガありがとうございます。
早野さまのおかげで、 私は自身の自己肯定感があがって来たのか、
日々前向きに過ごせて親子ともにいい感じです。

 

いつも、目から鱗のメルマガをありがとうございます。いつも本当に無料で申し訳ありません。
とっても参考になりました。
早野さんの無二のご経験と優しさは、救いを待つ多くの子供たちに届いていると思います。
うちの息子にも間接的ですがかなり届いています。

 

いつもいいお話をありがとうございます。とても気持ちが折れそうなとき、救われる気持ちになります。
早野さんのメルマガに登録して本当に良かったです。

 

 

もっと詳しいメルマガの情報はこちら

メルマガのご登録はこちらから↓↓↓

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)