こんにちは。 

『不登校というピンチをチャンスに変える』不登校アドバイザーの早野です。 

今日も読んでいただき有難う御座います。 

『ありがとう』、に関するうんちくはもうネタが切れました(笑) 

★自分で自分のことをどう思うか?? 

心理学にもいろいろな流派があります。 

原因が大事だとか原因はどうでもいいとか、 

トラウマはあるとかトラウマはないとか。 

ただ、共通するのは、自分で自分のことをどう思っているかが大事です。 

というところです。 

例えば、友達に『ブサイク』とか『死ね』と言われて傷ついたとします。 

でも少し違和感があるかもしれませんが、 

これはその人が真に受けたから傷ついたのです。 

実は、真に受けなければ全く問題ないことなのです。 

そういう意味では誰がなんと言おうと別にどうでも良いことなんですね。 

いじめっこがいようが、ひどい先生がいようが、、、(*まずは守ってやってくださいね) 

★ホリエモンも昔は真に受けて傷ついていた(笑) 

 

刑務所に入っても痛くもかゆくもないようなメンタルの持ち主のホリエモンも昔は真に受けて傷ついていたようです。 

まー刑務所に入ってかなり(とてもとても)辛かったでしょうが、 

暇なので本を1000冊読んだそうです。 

あなたのお子さんもメンタルが強くなるはずです。 

下記の記事↓↓↓ 

https://r25.jp/article/621162033138230266 

★バカにバカと言われてもどうでもいい 

もう少し例を、、、 

『不登校だから人生終わりだよ』と誰かに言われてすごい傷ついたとします。 

でも、それはその言葉を真に受けたから傷ついたのです。 

『コイツは何も知らないバカなんだな』 

と思えば傷つきません。 

私はその昔、先輩(非常に非常に超絶に良い方)に『高校中退とかお前人生終わっていたな』と言われたのですが、 

私は明らかにこの先輩よりも頭が良いと思っていたので内心で笑っていました(笑) 

*実際、元不登校の大学生で過去のことを軽く言われて深く傷ついてひきこもってしまう子がいるんです。。。 

*私の弟もそういう経験があり家で泣いていました。。。私からすると理解不能でしたが、、、犬に吠えられたと思えばいいのに、、、 

まー、バカにバカと言われても痛くもかゆくもないということですね。 

そういう意味では、世の中の人はほとんどがバカなので、 

ほとんどのことは真に受ける必要はないわけです。 

もし物事を正しく評価できるのなら馬券とか株とかを買ってみればいいんですよ(笑) 

ほとんどの人はその程度も出来ないではないですか!!! 

と私は傷つきそうになると(ひそかに)思っています。 

上司に自分のプレゼンを全否定されたりしたら、 

『お前は結婚相手間違えたくせに部下を評価できると思うなよ』とか(笑) 

人を批評するとか千年はえーよ、みたいな。。。 

俺もか(ある意味 笑) 

もう少し真面目に言うと、 

言われたことが真に受けるべきことなのか、 

客観的に正しいことなのかを、 

情報を集めて考えてみるということですね。 

あくまで、自分の感情の主導権はあなたやお子さんにあるのです。 

★不登校ゲーム理論 

さて、誰しも調子の悪い時は自分のことを情けなく思うと思います。 

『不登校の自分』というセルフイメージ。 

『人前でビクビクしてしまう自分』というセルフイメージ。 

『弱い弱い自分。人から見放されている自分。置いて枯れている自分。』 

それに対して、他の子は元気に明るく生活を充実させて、良い学校に進学し、、、 

『はーーーリア充な友達と情けない自分、、、』 

さてさて、、、 

そんな時も冷静に考えましょう。それを止観と言います。 

人は人と比べた時に落ち込みます。 

世の中の人が全員不登校であればあなたも傷つきませんよね(笑) 

で、上記のように思うと精神的に参ってしまいます。 

そんな時私はこのように考えていました。 

名付けて不登校ゲーム理論です。 

例えば、ゲームをイメージしてみてください。 

マリオカートでマリオを選択しても、 

ピーチ姫を選択しても、 

『本当の自分』は操縦するあなたですよね。 

マリオやピーチ姫じゃないですよね(笑) 

で、ゲームのように、早野Aと早野Bに分けます。 

例えば、早野Aは対人恐怖症でお先真っ暗。人にもバカにされている(ような気がした)早野。プレイヤーでマリオとかクッパみたいなもの。 

で、早野Bは操縦するほうで観察しているほうの早野。 

早野Aと同一視すると辛いですが、(悪い評価を真に受けた状態) 

早野Aはこの世をしのぶ仮の姿で早野Bが本当の自分と考えればまだ辛くありません。 

早野Bと自分を同一視するわけです。 

私はたまたま早野Aというプレイヤーを選択してゲームしているだけだと。 

(マリオとかクッパとか。クッパは嫌われ者ですが別にゲームしている人が嫌われているわけではないですよね、、、) 

伝わりますかね??? 

もしくは、トランプで配られたカードが悪かったと。麻雀でもいいですが。 

で、、、これは早野Aを操縦してゴールをクリアするゲームなんだと思うようにしたのです。 

漫画とかでも弱小チームを率いて強豪校を倒すとかよくあるじゃないですか(笑) 

ゲームも最初は低いレベルから始めますよね。 

その日から私は辛いこともゲームのように楽しめるようになったのでした!!! 

伝わりますかね??? 

そのゲームはいまも続いています。 

で、死んだら別のゲームをやると(荒野行動とかぷよぷよとか 笑) 

★ゲームだから傷つかない(笑) 

で、、、社会に復帰しても現実は厳しいです。 

でも、これもゲームだと思えば傷つきません。 

例えば、スゴイ恵まれているように見える人がいたとします。 

世の中には東大出で体育会系部活でキャプテンで性格も良く発言もとても立派で親も金持ちで年下というような人がいます。 

東大出で医者の娘で可愛くて背も高く性格もとても(驚くほど)良いというような人もいます。 

精神年齢が違いすぎて話が合わない(笑) 

まー、落ち込むところですが私はこう考えます。 

『あいつは恵まれたプレイヤーを選択しているからゲームを操縦する実力は大したことない 笑』 

『俺のほうが頑張っている 笑』 

『あいつは恵まれていないとダメな弱い人だ 笑』 

もしくは、、、『あの人はたぶん前世の行いが良かったんだろう 笑』みたいな。。。 

戦争ゲームに例えると、弱小国を選択して覇者になるのが楽しいのですが、 

最初から強豪国を選択しても勝って当たり前だから面白くないと。 

ゲーマーとしては三流やな、みたいな。 

私は天才的な操縦の実力があるからたとえ条件が悪くても余裕で勝てると(笑) 

そう思えば、いろいろなアイデアが浮かんできて局面を打開できるもんなんですよ。 

★映画だと思えばいい、、、

上の世代だと、、、 

矢沢永吉は信じていた人に裏切られて借金30億円になり絶望した時に、 

『映画だと思えばいいや』と思ってから復活したそうです。 

なので、あなたもゲームだと思えばいいと思いますね。 

ゲームに熱中している子も現実面に熱中する時がくると思います。 

私はそんな感じですね。(そろそろ遊んでいる場合じゃない気もしますが、、、) 

親御さんは不登校脱出ゲームだと思えばいいですよ(笑) 

えっ、思えませんか(笑)??? 

私は心理学を学ぶ始めた時に最初に出会ったのがスター・ウォーズに関する心理学です。 
(本の名前は忘れてしまいました) 

スター・ウォーズの作者は心理学を研究して物語を作っていて、 

その理論を学べば誰もが自分の物語を作れるという内容でした。 

だから、あなたも自分の物語やゲームを生きれるんですよ。本当は。 

自分の物語を生きていればあまり傷つかないはずです。(傷つくこともあります。でもそれはうっかり真に受けてしまった時です 笑) 

他人(日本政府とか任天堂とか)の作った物語や常識やゲームを楽しむのも良いですが。(苦しむのもまた良し) 

https://1000ya.isis.ne.jp/0704.html 

こちらの記事を書かれた方は自分の人生の物語を生きているように感じます。 

http://futoukou123.com/%E4%B8%8D%E7%99%BB%E6%A0%A1%E3%81%8C%E9%95%B7%E6%9C%9F%E5%8C%96%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB%E3%80%82%E6%9C%9D%E5%AD%90%E4%BE%9B%E3%81%8C%E8%B5%B7%E3%81%8D%E3%81%A6%E3%81%93/ 

http://futoukou123.com/%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%92%E5%88%B6%E9%99%90%E3%81%99%E3%82%8B%E5%89%8D%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%E3%81%93%E3%81%A8%e3%80%80%EF%BD%82%EF%BD%99%E4%B8%8D%E7%99%BB%E6%A0%A1/ 

今日は人間は心理学を学んでいれば本当は傷つかない、という話でした。 

★PS:子供の気持ちがわからない方は、『考えるな・感じろ byブルース・リー 』、です。 

このメルマガの話がわからない方も『考えるな・感じろ byブルース・リー ですね。 

オススメの歌です。 

https://www.youtube.com/watch?v=0mHYI2yCLEw 

歌詞の解説 

http://mr-komanetin.hatenablog.com/entry/2017/12/09/000353 

>ああ歌うことは難しいことじゃない 

>ただ声に身をまかせ 

>頭の中を空っぽにするだけ 

では、またお会いしましょう!!! 

私が10代、20代で苦しんだことがあなたのお役に立ち、 

あなたのお子さんの幸せにつながればこの上なく幸いです。 
メンタルコンディション調整マニュアル
日本ブログ中学校教育ランキングで1位になりました!!!
不登校・引きこもりブログランキングで1位になりました!!!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 中学校教育へ
にほんブログ村

不登校・ひきこもりランキング

 ■読むと前向きになり親子ともに成長していける!!不登校解決無料メルマガのご紹介
メルマガ登録

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

★ピンチはチャンス!!!

不登校から2回高校中退、高卒認定試験合格、早稲田大学を卒業した早野のメルマガです。

子供への接し方、親のメンタル改善法、勉強法、子供の個性の活かし方、など盛りだくさんです!!

★マル秘情報も多数あります。メルマガ登録解除もワンクリックでOK。

★本音で語る面白い話、笑える話、だからこそ役に立つ話がたくさんあります。

苦しい日々でも前向きな気分になることが出来ます!!

一緒に頑張りましょう!!

★メルマガ読者様の声のご紹介の一部

いつもメルマガありがとうございます。
早野さまのおかげで、 私は自身の自己肯定感があがって来たのか、
日々前向きに過ごせて親子ともにいい感じです。

 

いつも、目から鱗のメルマガをありがとうございます。いつも本当に無料で申し訳ありません。
とっても参考になりました。
早野さんの無二のご経験と優しさは、救いを待つ多くの子供たちに届いていると思います。
うちの息子にも間接的ですがかなり届いています。

 

いつもいいお話をありがとうございます。とても気持ちが折れそうなとき、救われる気持ちになります。
早野さんのメルマガに登録して本当に良かったです。

 

 

もっと詳しいメルマガの情報はこちら

メルマガのご登録はこちらから↓↓↓

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)