不登校は甘え??

こんにちは。

”不登校というピンチをチャンスに変える”不登校アドバイザーの早野です。

たまに、不登校なんて「甘えだ」という声をお聞きします。

また、「根性がないからだ。」という声もお聞きします。

学校をさぼりたいという人から見るとかなりうらやましいのでしょう。。

また、社会人として働いている父兄の方からすると何とも頼りないように見えてしまうのかもしれません。

さて、本当のところどうなのでしょうか???

cropped-1a532dabe67372aabe35559f541a294b_m.jpg

不登校になる子はかなり真面目な子が多い

しかし、私の知る限りかなりまじめな子が多いのが事実です。

学校に行かない「楽さ」よりも、学校にいけない「罪悪感」を感じていることが多いです。

その状況で、「甘え」や「根性なし」だと言われてしまっては立つ瀬がないでしょう。

「泣き面に蜂」という状態です。

むしろ、罪悪感なんか感じずに、開放感を感じれば回復も早いというものですが、それが出来ない。。

どちらかというと「甘え」なのではなく、「甘えられない」「助けてと言えない」「さぼれない」というのが真相でしょう。

学校を休んでいるにもかかわらず残念ながら気が休まらない大変苦しい状況にいるといえます。

今はゴールデンウィークですが、学校に行っていないという罪悪感がないので、気が休まっていると思います。

ぜひ、この期間に少しでも体力と気力を回復させてほしいと思います。

自分をありのままに受容すること

不登校の方は甘えや根性が問題なのではなく、自分の中の考え方が問題なので、早く自分をありのままに受容して物事に取り組んでいけるようにならなければなりません。

自分を苦しめる考え方を一刻も早く追放しましょう。

それさえできれば、もともと真面目で頑張り屋な子が多いので、いくらでも取り返しがききます。

◎認知行動療法

◎森田療法

◎TFT(思考場療法)

などの本を読んだり、ネットで調べたりして、悪い考えを追放してしまいましょう。

敵は自分の中にあり!!ですよ。

私も不登校の相談を受け付けておりますので、ぜひご相談ください。

無料電話相談

03-6869-4297

では、またお会いしましょう!!