こんにちは。

『不登校というピンチをチャンスに変える』不登校アドバイザーの早野です。

今教えている子が最近、成績が上がってきてすごい嬉しいです。

本来それほど難しくないものを難しく考えすぎていたんですね。(無駄な苦手意識を持っていた。。。)

これは何事にもあてはまると思います。

あなたも難しく考えすぎているもの(無駄に苦手意識を持っていたもの)を探してみてくださいね。

今日は不登校になりやすい性格についてです。

884ebc0d21fb5c4863e769a0e18be108_s

不登校になりやすい性格とは????

①繊細で感受性が強い。

→それにより他の人よりも傷つきやすいわけですね。

②完璧主義。

→それにより動けなかったりするわけですね。

③プライドが高く、理想が高い。

→それにより自分で自分を認められなかったりするわけですね。

④頑固。

→マイルールに対するこだわりが強いです。それにより集団行動に支障をきたしたりします。

このあたりでしょうか。

こう書くとこういった性質は好ましくないもののように思うかもしれません。

しかし、当然上記は美点でもあるわけです。

不登校になりやすい性格の長所とは???

発達障害 不登校

①繊細で感受性が強いの美点

→モノの価値がわかるわけですね。美味しさ、美しさ、人の気持ち、などなど。優れた芸術家や職人には必須のものです。

②完璧主義の美点

→良いもの、自分が納得できるものを自分が納得のいくまで作ることが出来ます。それによりより良いものを生み出せるわけですね。

③プライドが高く、理想が高い

→安易に妥協せずに向上心があるわけですね。当然、良いほうに出れば人よりも良い結果を出せます。

④頑固

→周りに流されず自分のルールに従って行動することが出来ます。それにより独創的なものが出来るわけです。

スティーブジョブスのような性格

上記を総合するとスティーブジョブスや優れた漫画家、小説家、などのような芸術家、イノベーター的な性格であることがわかると思います。

もし、自己肯定感を育て、自信を持つことが出来れば上記のような性格は弱みではなく強みに変わります。

『繊細で感受性が強く、より良いものを妥協せずに作る』

それはプロの料理人かもしれませんし、技術者かもしれませんし、ゲームクリエイターかもしれません。

上記の性質は日本人的な性質だと思いますが、そうした性質がかつて世界を席巻したMADE IN JAPANを生み出したわけですね。

なので、上記のような性質を持つ子達の飛躍を支えるために彼らの自己肯定感と自信を育てていきましょう!! 

GOOD LUCK OR GOOD FORTUNE!!(幸運を祈ります!!)

無料電話相談

03-6869-4297