不登校こそ作業療法!!

こんにちは。

”不登校というピンチをチャンスに変える”不登校アドバイザーの早野です。

今日は作業療法についてお話します。 

作業療法て何???
あなたは作業療法て聞いたことありますか??

僕は生まれてから30年くらいは聞いたことがありませんでした。だから、あなたも聞いたことがないと思います。

難しい言葉を一切使わないでかなりざっくり説明すると下記のようになります。作業療法士のみなさん、ごめんなさい。。

作業療法とは、消耗してしまった状態からリラックスして創作活動をすることで心と身体の体力を取り戻す療法をいいます。花を植えたり、絵を書いたり、工作活動をしたりなどなど。

家にいても楽しくできること。田舎であれば家庭菜園をしたり、絵を書いたり。都会であれば料理をしたり。料理は楽しいですし、おいしいですし、コミュニケーションのきっかけにもなりますよね!!
レシピ通りに作ればそれなりに美味しいものが作れます。そうすると俺ってけっこうやるじゃんとなります。

不登校 料理

さらには田舎に農業体験に行ってそこでとれたものを自分で料理して食べる。うーん、最高ですね。
川か海に行って魚を取って、それを料理して、食べる。うーん、最高ですね。
料理だけなら家でもすぐに出来ますね!!

人間はじっとしているとつい頭で考えてしまい、考えが頭から離れなくなってしまいます。

もちろん、悪い想像や考えが頭から離れないのです。

大変、不健康ですね。

作業をして手足を動かすことで心身のバランスをとることができます

なので、不登校中も極力、手足を動かすべきです。

極力、理由をつけて外に連れ出すか、家の中で一緒に作業をするようにしましょう。

釣り、虫取り、バードウォッチング、キャンプ、裁縫、買い物、サイクリング、料理、掃除、洗濯などなど。

何か一緒に身体を動かす方法を考え、スケジュールに組み込みましょう!!

私たちは不登校のお子さんには農業体験や工作活動、音楽活動、料理などの機会を積極的に提供しています。年に何回か行きますのでご希望があればこちらへお問い合わせを。 

では、またお会いしましょう。