不登校からの大学受験

不登校難関大学

不登校から大学受験をする際に、不登校はハンディになるか???

もちろんハンディになりますが、思ったほどのハンディではありません。

やり方によっては有利ですらあります。

それはなぜか??

大学受験に必要なのは、何か??

①テストに出る能力とテストに出る知識を鍛えることが必要。

②そのためにセルフコントロール力を鍛えることが必要。

さて、不登校の方はテストに出る能力と知識をどう得ればいいのか??

実は、高校の授業と受験勉強は全くの別物

下記のことを知っていれば、大学受験に関して不登校は有利でさえあります

ここでは早稲田大学か慶應大学、明治大学の文系学部を受験する場合を考えてみましょう。

まず、受験科目は3科目です。学校に通う場合は何科目を勉強する必要があるでしょうか??

不登校の方は、学校に行っていない時間をこの3科目に費やし、他の時間を好きなことに費やせばいいのです。

また、3科目の中でも、出題範囲がかなり絞られます。

漢文は出ませんし、英語の文法も中学レベルで充分です。

日本史も江戸時代以降が重点的に出題されます。

勝負は英語と国語の読解力で決まります。

なので、不登校の方は、学校に行っていない時間をこの3科目のさらに絞った範囲に集中させ、ほかの時間を好きなことに費やせばいいのです。

ビジネスの世界でランチェスターの戦略と呼ばれているものです。

選択と集中ですねと言われています。

他の生徒は高校になんとなく通ってはいるものの、別に真剣に勉強しているわけではありませんからそういう意味では有利です。

心理面の解決が必要になる

当然、上記の戦略を実行するには心理面の解決が必要になります。

残念ながら、心理面の解決については大学受験で成功することよりも難しいです。

心理面の解決についてはカウンセラーを頼っていただくことが遠回りに見えて近道です。

しかし、近くに信頼できる専門家がいない。

カウンセリングをうけたくない。

という方もいるかと思います。

その場合は、高校生であれば自力で勉強して心理面を解決することが可能です。

本を読んで勉強し、自分で自分の心の問題を解決することです。

カウンセラーに相談するにしても、自分でも勉強したほうがいいと私は思います。

おすすめの本をいくつかあげますね。

①幸せ成功力を日増しに高めるEQノート 野口嘉則著

②内気と不安を軽くする練習帳 ロナルドMラペイ著

③漫画でわかるアドラー心理学

④意味による癒し:ロゴセラピー入門 ビクトール・フランクル(ちょっと難解)

人にたくさん会うのが近道

そして、これは難しい方がいるかもしれませんが人にたくさん会うのが近道です。

人との出会いによって改善したという方もたくさんいます。

会うのが難しければネット上でメールをしてみてください。

匿名でいいじゃないですか。

私も、このブログを読んだ旨を伝えていただければ、3回は無料でカウンセリングをしますよ。

では、またお会いしましょう。

PS:リクルートのスタディサプリ2週間無料

下記はリクルートのスタディアプリです。

小学生、中学生がスマホ、タブレット、パソコンで自宅でいつでも好きな時に勉強できます。

月額980円(日額30円ほど)なのでお試ししてはいかがでしょうか??

お子様によって合う合わないはありますが、2週間はお試し期間として無料で使用できるようです。

登録して使ってみてくださいね。あくまで道具として優れているのであってきちんとした戦略が必要ですよ。

大学受験ならスタディサプリ/プロ講師の圧倒的な解説力で受験対策!苦手を徹底克服。