こんにちは。

『不登校というピンチをチャンスに変える』不登校アドバイザーの早野です。

七夕ですね。いかがお過ごしでしょうか?

何かお願いをしましたか?

電子書籍 不登校

人の目が気になる

『人の目が気になる』ということは日本人でしたらみんなが持っていて特に不登校になると顕著になると思います。

対人恐怖症は日本にしかないという話もありますが、私にとっても長年のテーマでした。(当然に日本人なので今でも気になりますよ。)

今回はその対処法というか基本哲学についてお話したいと思います。

その前に29日のイベントのあらためての告知ですね。

以前の画像は松井君がいなかったのであらためて。

ドンドンメンバーが増やせるといいなと思います。(余談ですが僕に対してはいつもビシバシ系の河合さんが主催者です!!河合さんは山田さんや松井君には非常に優しい 笑)

不登校 お茶会

不登校の子をもつ親のためのお茶会 第1部と第二部【8名限定】

7月29日13時OR16時から東京都江東区木場6-4-8アーバンキバ203

1人で抱え込まないで、みんなで悩みを共有しましょう!

どうしても悩みやストレスを家庭の中だけで抱えがちな親御さんに、横の繋がりを作っていただくためのイベント第3回を開催。誰かに相談したり仲間が欲しいけれど、最初の一歩を踏み出すことことはなかなか大変なこと。おいしいお茶やお菓子を食べてリラックスしながら、同じ悩みを持つ親同士で話をしたり、元不登校生に気軽に相談出来る場です。

【メンバー】
山田あかね
中学時代に約1年半の入院生活を経験。高校中退後、東京大学を卒業。公務員として勤務後、子ども時代に言葉で自分の気持ちを表現出来なかった経験から「フィロソフィア国語教室」西荻窪駅前室長として、言葉による自己表現の重要性を伝える。

早野智則
高校中退後、独学にて大検(現・高卒認定)を取得。早稲田大学入学後に対人恐怖症を発症するも克服し、中小企業のコンサルティング会社に7年間勤務。不登校支援団体の株式会社FCファナッチ代表として、カウンセリングと家庭教師を行っている。

松井 和輝
中学・高校ともに不登校を経験。それが原因で自殺未遂を経験。現在はその経験を生かして、「学校に復帰するだけでなく、本来の純粋な自分を取り戻すことを第1の目的」として、300組以上の親子の問題解決を行う。親御さんからの相談は1000件以上。不登校のお子さんに対しては、ヒッチハイクや山登りなどをワークとして一緒に行うことで、本来の自信を思い出すメソッドを行なっている。「不登校変革部」では不登校における勘違いと解決法をブログや音声で配信している。

河合未緒
中学校3年間不登校。定時制高校に入学後、女子美術大学短期学部デザインコース卒業。旅行業界に5〜6年、婚活会社の旅行企画3年。フリーライターとして活動する傍ら、ICTを活用した学習支援団体のボランティアを経験。その後、ITから不登校を支援する株式会社Marianneを設立。不登校生と親のためのメディア「Load」カウンセリングサイト「Clue」を制作。

参加お申し込みは下記よりどうぞ↓↓↓↓↓

無料メール相談は下記をクリック!

メール相談

人の目が気になるに対する対処法

また脱線しますが、(完全な脱線ではないのですが、)最近会った良いなと思う人をご紹介します。

若いのに私よりもはるかに稼いでいる西勝ユズル君です。

逃げたい毎日から挑戦する毎日に変えるセッションをやっています。

子供向けでは無いですが20代、30代の会社員や家族関係に悩む親御さんは良いのではないかと思います。

ブログを読むのは普通に面白いのではないかと思いますね。

もう一方がWISDOMというお金の学校をやっている安藤さんです。

ファイナンシャルプランナーでいろいろとやっている方です。

その中で保険の話ですが『1万円以上を月に払っている人はほとんど馬鹿』というのが面白かったです。

最近、保険について調べているのですが複数の人が似たようなことを言います。(本当かどうかはまだわかりません。)

まだ完全に検証はしていませんが裏をとって調べていこうかと思います。

僕はこういう情報の検証が好きです。

大学受験の時にいろいろと情報を調べてこの勉強法にしようとしたり、対人恐怖症を治す時にいろいろと調べた時も楽しかった気がします。

ちなみに勉強法に調べた時に使ったお金は1500円、対人恐怖症の時に購入した情報商材は2,000円でした。(その後も面白かったので多額のお金をつぎ込みましたが)

ようやく本題

さて人目が気になるの本題ですが、根本的には実力をつけるしかないかなと思います。(気合で乗り越えるという手もありますが。)

問題Aに対して対処できないのは単純に頭が問題Aに対して相対的に悪く、心も問題Aに対して相対的に豊かではないからだと思っています。(言い方がきついので未熟としましょう。)

だから自分を変えていくしかないわけですね。(僕は自分で自分にそう思っています。修行ですね 涙)

*人類全員が何かしら問題Aに対して未熟なので自己否定には走らないでくださいね!!

そして、実力とはなんぞや?

そこには2つあると思っています。

ようやく今までの伏線が生きてくるのですが1つが物事を冷静に見てシステムの外に出れることです。

人間は知れば知るほど何かが怖くなくなりますしシステムを利用する側に回れます。

受験、就職、お金、保険など何でもそういう側面があります。

人からどう思われるかも同じです。

わかりにくいでしょうか。。。

とりあえずはシステムの外に出るという意味では普段は出会わない人に会ったり普段はやらないようなことをやるのが良いです。

そういう意味では海外留学やヒッチハイク、ナンパなどは良いと思いますね。

ひらたく言うといろいろなことを聞いたり読んだりして試しにやってみるということですね。(ただし、じょじょにですよ。。。)

一言で言うと経験値を上げるということですね。

ちょっと今いる喫茶店がもう閉店らしいのでまた後日に続きを書きますね。

ではまたお会いしましょう。

本の原稿のダイジェスト版を無料プレゼント

『不登校はピンチの顔をしたチャンス』を読む