こんにちは。早野です。

今日もお読みいただき有難う御座います。

最近、私は茶道や書道をしていましてかなり脱ADHDしています。

あなたはいかがお過ごしでしょうか???

★自信

自信が欲しいとは誰もが望むのかもしれません。

考えてみると、自信は水やお金や知恵のように状態であって所有するものではないのかもしれません。

どんな人も自信がある時もあれば、

自信が無い時もあるような気がします。

自信がありそうで無い人もいれば、

自信が無さそうで有る人もいるのかもしれませんね。

和田アキ子はコンサート前にはいつも不安になるそうです。

私も自信が無い時があります。

冷静に考えれば人は大海に浮かぶ木の葉に過ぎないのかもしれないと思う時があります。

大企業に勤めていたり、すごい資格があったり、すごい資産があったり、理想的な配偶者と結婚すれば別かもしれません。

そう思っていろいろと耳を澄まして聞いてみると、

お医者さんも開業して借金する時は夜も眠れないそうですし、

理想的だと思える配偶者がいたとしても時とともにうんざりするくらいに状況は変化していきます。

もしくは学歴だったり、過去の成功体験だったり実績があれば自信があるといえるかもしれません。

そう思ってよく見てみると、

上には上がいることにすぐに気づいて劣等感に苛まされる人も多いようです。

お金に自信がある人はさらにその上がいますし、

それもある日紙切れになってしまうかもしれません。

国家破産でお金が紙切れになることを言いまくる人も世の中にはいてそういう本がけっこう売れていたりするようです。

学歴に自信がある人はさらにその上がいますし、

あろうことか学歴は意味ないとか言う人もたくさんいます。

じゃ、高校行かなくてもいいじゃねーかと言うと高校は出たほうがいいとか言い出します。

まー意味があるとも無いとも言えるのかもしれません。

数学で虚数を習ったのはこのためなのかも。

実績に自信がある人はさらに上がいますし、

あろうことか過去の実績は関係ないとか酷なことを言う人もプロの世界にはたくさんいます。

まーたしかに過去の実績は今のクライアントにはそこまで関係ないのかもしれません。

そう思って聞いてみるとでも実績は大事だとか言い出します。

また、勝負の世界はどうしても平家物語のように諸行無常で、

有名な実業家であるマクドナルドの藤田田氏もダイエーの中内功氏も栄光を極めた日本の電機産業に自動車産業に電通にカネボウに、

有名なサッカー選手も野球選手も有名な芸能人もミュージシャンも、

古くは有名な戦国大名も政治家も栄光を極めた帝国も最後の最後の最後には敗れ去っています。

夏草や兵(つわもの)どもが夢のあと、という奴かもしれません。

最近だと孫正義が危ないと言われているようです。

★自信の拠り所

無敵になるには一体全体どうしたらいいのか(英語だとon the アース)???

これは永遠のテーマかもしれません。

スラムダンクやドラゴンボールの作者の漫画や最近だとドラゴン桜の作者の漫画を見ていてもそんな気がします。

無敵というのは最強ではなく敵がいないということなのかもしれません。

孫氏の兵法でも「戦わずして勝つ」と言っています。

宮本武蔵や柳生の晩年の境地なのかもしれません。

★心理学と無の境地

心理学をずっと勉強していますがもともと無意識をフロイトが発見したわけですね。

「◯◯したいのに◯◯できない」のはなんでやねんと。

学校行きたいのになぜかゲームをしてしまう。

痩せたいのに無駄にたくさん食べてしまう。

人と笑顔で仲良くなりたいのになぜか憎まれ口を叩いてしまう。

それは無意識にあると。

まーそれを気合と根性で突破する人もいます。でもいつか敗れ去るのかもしれません。

いわば無意識犯人説。どちらも無意識にトラウマに生育歴に認知にその他諸々は敵だと。

よくよく聞いてみると20世紀の後半からは無意識は味方なんだという方向にシフトしてきています。

無意識は我々人間や動物を守ろうといつもしてくれていると。

心臓や内臓などの身体の働きは無意識ですし、

言葉を覚えたり運動を覚えたりも無意識ですし、

朝起きたり起きれないのも無意識。

戦争に行きたくないからお腹が痛くなるのも無意識。

病気になるのも無意識。

無意識は敵のように見えて味方。

汚いものや臭いものや危険なものから離れるのも無意識。

それが無の境地なのかもしれません。

このメルマガを読んでくださっているのも無意識(意識がベースにあっても)。

これも何かの縁なのかもしれませんね。

無意識は味方だとすると途方もなく面白いかもしれませんね。

★芸風の変化

私はどちらかというとエネルギーでねじふせる的なやり方を好んでいます。

量で圧倒するとか覚悟で圧倒するとかと言えるかもしれません。

でもそればかりやり続けるのもなんだか芸が無いような気もしてしまうのかもしれませんね。

素直で単純なのが良いような気もしますがそれもどうかとも思うのかもしれません。

海外の有名なトラウマ研究者でこんな話があります。

彼はアメリカ人だったかオランダ人だったかはたまたイギリス人だったか。

彼の祖父は戦争に参加し日本軍の捕虜になったそうです。

祖父はしばらくは「日本軍ふざけんなー。あいつら許さんぞー」という感じだったそうです。

日本軍は自国の軍隊の扱いもひどかったが、

外国の捕虜の扱いも悪気は全くないけど酷かったのかもしれません。

でも、彼はこう言うようになりました。

「あいつらは戦友なんだと祖父の記憶は変わっていったんだ」

いつかどんなに苦しいことや嬉しいことも美しい思い出に変わるのかもしれません。

そんな今が本当は一番美しいのかもしれませんね。


世界で人気の忍者漫画ナルトの「シルエット」です。

>ひらりとひらりと舞ってる

>木の葉のように憂うことなく焦燥なく過ごしていたいよ

>誰も彼もシルエット

>僕らは何も何もまだ知らぬ

>流れる時と記憶

>遠く遠く遠くなって

>覚えてないこともたくさんあったけど

>きっとずっと変わらないものがあることを

>教えてくれたあなたは

>消えぬ消えぬシルエット

>何も何もまだ知らぬ

>大事にしたいもの持って大人になるんだ

>どんな時も離さずに守り続けよう

>そしたらいつの日にか

>なにもかもを笑えるさ

>ひらーりひらーりと舞っている

>木の葉が飛んでいく

>恐れてやまぬこと

>知らないふりをしたんだよ

>なにもないよ

>笑えるさ

JUDY & MARY   小さな頃からとデイドリーム

ではまたお会いいたしましょう。

最後までお読みいただき有難う御座いました。

メンタルコンディション調整マニュアル
日本ブログ中学校教育ランキングで1位になりました!!!
不登校・引きこもりブログランキングで1位になりました!!!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 中学校教育へ
にほんブログ村

不登校・ひきこもりランキング

 ■読むと前向きになり親子ともに成長していける!!不登校解決無料メルマガのご紹介
メルマガ登録

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

★ピンチはチャンス!!!

不登校から2回高校中退、高卒認定試験合格、早稲田大学を卒業した早野のメルマガです。

子供への接し方、親のメンタル改善法、勉強法、子供の個性の活かし方、など盛りだくさんです!!

★マル秘情報も多数あります。メルマガ登録解除もワンクリックでOK。

★本音で語る面白い話、笑える話、だからこそ役に立つ話がたくさんあります。

苦しい日々でも前向きな気分になることが出来ます!!

一緒に頑張りましょう!!

★メルマガ読者様の声のご紹介の一部

いつもメルマガありがとうございます。
早野さまのおかげで、 私は自身の自己肯定感があがって来たのか、
日々前向きに過ごせて親子ともにいい感じです。

 

いつも、目から鱗のメルマガをありがとうございます。いつも本当に無料で申し訳ありません。
とっても参考になりました。
早野さんの無二のご経験と優しさは、救いを待つ多くの子供たちに届いていると思います。
うちの息子にも間接的ですがかなり届いています。

 

いつもいいお話をありがとうございます。とても気持ちが折れそうなとき、救われる気持ちになります。
早野さんのメルマガに登録して本当に良かったです。

 

 

もっと詳しいメルマガの情報はこちら

メルマガのご登録はこちらから↓↓↓

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)