よくあるご質問にお答えします

毎日、たくさんのご質問をいただきます。

その中で何回か読んだなというご質問はほかの方も気になっているかもしれないので、こちらでもお伝えしますね。

ある程度、相談した方が特定されないように詳細をだいぶ省くなど内容をアレンジしておりますことご了承ください。

ありのままに受け入れるのが大事とは言うものの。。

まず、受け入れられない自覚がない場合がほとんどですので、そういった問題意識を持たれている時点で素晴らしいことだと思います。

自分の弱さに向き合うことができているということなので。人間なかなか変わらないととは思えないので、変わりたいと思っている時点で半分はもう終了しています。

次にどこをどう受け入れられないのかを明確にしてみてください。100%受け入れられる人も100%受け入れられない人もおりませんので。

そして、受け入れられない理由を考えてみてください。あなたの中にこうであるべき、こうでなきゃという価値観があるのです。

そして、その価値観が狭すぎる、もしくは価値観に合わないときに受け入れられない

基本的に価値観は自分で選択することができます。あなたのお子さんを受け入れられない価値観を発見したときにこの価値観をそのまま持ち続けるか、じっくりと比較検討してみてください。

すると、今の時代には合わないな。とか。

こんなことは私の代で終わりにしよう。とか。

当たりまだと思っていたけど何て不合理だったのかしらとかを思うはずです。

昔の風習(生贄、戦争、暴力、厳しい先輩後輩関係、男尊女卑、身分など)とかを見るとなんかなーと思うことがあると思いますが、今の時代にもなんかなーという風習や価値観はたくさんありますので。

古い価値観を手放し、新しい価値観を導入することを決定したらノートをとって毎日を検証してみてください。

人を受け入れる前に自分を受け入れる

そして、人を受け入れる前に自分で自分を受け入れないといけません。

そうすると不登校をきっかけに楽で楽しい、そして生産性の高い人生に変えることができます。

でないと、もったいないですね。

自分で自分を受け入れるにも、自分の中に何らかの○×があり、それで自分を×しているために受け入れられないのです。

男とはこういうものだ。

義務をはたさないとダメ。とか。

その自分の価値観のクセを見極めて、自分で自分を責めているときに今後もそれを続けたいか、もしくは自分は正しいと思っているけど本当に正しいのかを考えてみてください。

そして、自分で自分を責めることがなくなってきたら、子供のことを受け入れられるようになり、子供の味方になることができ、不登校も解決しますよ。

すぐに変わることはできませんが、長い目で見れば変わることができます。焦らずに気長にやってください。

自分で自分を受け入れられればストレスも減りますし、生活も変わってきますので。

では、またお会いしましょう!!
 

無料電話相談

03-6869-4297