不登校の小学生、中学生、高校生の根本原因の克服は不登校バトラーにお任せください!!

不登校対策プログラム ZERO-NEXT

  • HOME »
  • 不登校対策プログラム ZERO-NEXT
■親の自己肯定感、自己受容を徹底的に上げて子供に働きかけるプログラム

不登校対策プログラムZERO-NEXTでは体系的に子供に働きかけていただくオンラインプログラムです。

通常の不登校支援プログラムは親の現状を無視して、

子供への働きかけの方法だけを教えていました。

なので、土台となる部分にかなり個人差があり、

苦しむ親御さんが多かったのです。

そのため、不登校対策プログラムZEROでは、親の自己肯定感をあげるほうにフォーカスしています。

そして、不登校対策プログラムZERO-NEXTは下記の2つのステップのうち子供の自己肯定感をあげるほうにフォーカスしています。

ステップ1:親の自己肯定感を上げる

ステップ2:子供の自己肯定感を上げる

子供の自己肯定感を上げるための無料メール講座はこちら。

タイトルにメール講座受講希望とお書きください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス ご確認用(必須)

題名

メッセージ本文

■子供に働きかけやすい状態を構築して、子供に働きかける(もしくは働きかけない)
今までの不登校支援プログラムは脳を無視していました。

脳は今の状態を維持しようという特性がありますし、

自分が絶対に正しいと無意識に思い込む癖があります。

いわば、アクセルとブレーキを同時にかけているような状態だったのです。

だから、○○をしようと思っても出来なくて、苦しんでいたのです。

我々人間は車のことを知らないままに車を運転していたと言っても過言ではありません。

不登校 前頭葉

 

■プログラム内容
①脳科学音声講座

自分の脳について知ることで人生を楽に生きられるようになります。

②不登校に関する音声講座

不登校に関して知ることで迷い悩まずに、前向きな気分で生きることができるようになります。

③解決志向ブリーフサイコセラピーワークシート 添削 月3回

ブリーフセラピーとは短期志向セラピーです。

従来の原因にこだわり続けるカウンセリングではなく、解決するためのリソースを構築していくスタイルです。

ワークシートにお取り組みいただくことで、日々、知らない間に解決のためのリソースを積み重ねることが出来ます。

④ご家庭での会話ノート 添削 月3回

家庭内でいかに効果的にお子様に働きかけるべきかのヒントは、会話を振り返ることで得ることが出来ます。

⑤期間中の早野への相談は回数無制限です。

子供の自己肯定感を上げるための無料メール講座はこちら。

タイトルにメール講座受講希望とお書きください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス ご確認用(必須)

題名

メッセージ本文

■価格
1ヶ月 1万縁

3ヶ月 1万5千縁

6ヶ月 2万5千縁

*基本的には不登校対策プログラム ZEROとの併用をオススメしています。

お申込みは下記まで。

futoukou123@gmail.com

タイトルにZERO-NEXT参加希望とお書きください。

■7大特典

準備中

 

外出中の場合が多いですが折り返します TEL 03-6869-4297 9:00-21:00

不登校対策プログラム ZERO

不登校バトラープロフィール

早野智則。1982年生まれ。軽度の発達障害で衝動的、多動的、注意力なし。車の運転は絶対にしない。心理カウンセラー、マインドームコーチ。ペアレントカウンセラー。個性心理学インストラクター。トラウマやメンタルブロックを解除する専門家。埼玉県久喜市出身。不登校で私立城北埼玉高校を中退。さらに通信制の大宮中央高校をも中退。その後、松永暢史先生(累計70万部以上の伝説の家庭教師)の奇跡の勉強法に出会い、高卒認定資格試験に合格。その後、早稲田大学法学部に奇跡的に合格。卒業後は東証一部上場経営コンサルティング会社に勤務。不登校時代から対人恐怖症、うつ病で苦しむも、そこから奇跡の心理メソッドに出会い解決。同級生の半分は弁護士になったが不登校の時の悔しさを忘れられず、不登校支援の道へ。(ただ親は昔弁護士志望だったこともあり少し残念かもしれない。。)毎日寄せられる不登校の相談を聞いていてとても他人事には思えない。「人目が気になる。」「学校が怖い。」「本音で話せない。」「未来に希望が見いだせない。」「どうしたらいいのかわからない。」「こんなはずじゃない、悔しい!!」自分が苦しんだことが今苦しんでいる人を笑顔に変えることが生きがいを感じる瞬間。最強の心理メソッドと最高の学習法を掛け合わせて不登校支援に精力的に取り組んでいる。現在は株式会社FCファナッチ代表取締役、NRジャパン共同経営者。

PAGETOP