不登校名言セラピーとは??????

人間は1日に6万回行われる無意識のうちのセルフトークに感情、気分、体調、行動が大きく影響を受けています。

名言というのはその1日6万回×365日×人の平均寿命×60億人の中から選ばれただけあって、エネルギーが非常に強いです。

なので、名言は聞いたときは何とも思わなくても、もしくは反発しても、人生の土壇場で背中を押してくれる、励ましてくれる。そんな言葉達です。

時間がたてばその凄さがわかります。私も聞き流していましたので。

そして、今回は故・杉村太郎氏です。元政治家の杉村太蔵氏ではありませんよ。。。

杉村氏は日本の大学生で2000年代に就職活動をした人なら知らない人はいない就職界のカリスマです。

ご存じない方はとにかくすごい人らしいという認識で大丈夫なくらいです。不登校名言セラピー杉村太郎『アツイコトバ』

 

杉村太郎氏の「アツイコトバ」名言①

悪循環から脱却するには、仕事でも趣味でもいいので、とにかく小さな勝利を経験し、自分を信じる力を高めていくしかありません。

できるなら、社会的には必ずしも正しいと評価されない場面で勝利を手に入れた方がより効果的です。

僕の小さな勝利は、すっかり腐っていたサラリーマン時代に、会社を無断欠勤して海に遊びに行ったことでした。

社会人としては許されないことだけれど、「俺は世間の尺度で測れるような男じゃないぜ!」と自信を取り戻すことができて、それまでまったく乗り気でなかった会社の仕事にも、熱中できるようになりました。

 杉村太郎氏は一時期出社拒否になりましたが、自分に対する自信を失わなかったことで、多くの人に影響を与えるような偉大な人間になりました。

不登校で学校にいけない罪悪感を感じるくらいなら遊び倒しましょう!!

まーそういう考え方もあるんだなと知っておいてください。

杉村太郎氏「アツイコトバ」名言②

きみはどんなに苦しいときも、どんなに孤独を感じても、きみ一人っきりのはずはない。

もしそう感じているとしたら、よほど視野が狭くなっているときだ。

今、自信を失っているだけだ。

自信を失うのは、何かを学ばせたいからに他ならない。

もっといい人生になるために、そこで何かを感じ取る時間を与えているのだ。神は。

 神とかいうと宗教ポイ感じがしますが、この場合の神はダンプカーに引かれそうになったときに「あー神様ー」とか、初もうでの時に「神様ー今度の宝くじお願いしますねー」の時に使うような神様ーです。

今まで不登校の人や引きこもりの人、社会人でもすごい悩んでいる人で本当に客観的にみて孤独な人は一人もいません。

一人ぼっちのような気がしているだけです。

それがわかる日がきっと来ます。

まーそんな考え方もあるんだなーと思っていただければ幸いです。

杉村太郎氏「アツイコトバ」名言③

ワクワクできるものなら勝手に身体が動くし、むしろ止めようと思ったって止まらない。

僕が努力しているように見えたとしたら、それは夢中になるものを好きでやっているだけなんです。

 面白いことなんかないよと思っているかもしれませんが、世の中には面白いことだけやって生きている人もたくさんいます。

そして、元不登校や元引きこもりの人のほうがそういう人の割合は高いと思います。

ひょっとしたらいつかそんな生き方ができるかもしれないなと思っていただければ幸いです。

誰もあなたが楽しい生き方ができないと証明することはできません。

杉村太郎氏「アツイコトバ」名言④

必要なことはたった一つ。心が震えること。実際に会うことだ。

……だがこれだけは言える。危険な方を選べば、すべてが正解だ。

なぜなら、真の感動も快感も、自分への勝利も、危険のその先にしかないから。

 今までのところでちょっと暑苦しいなーと思ったかもしれません(でもいつもこんなテンションじゃなかったと思いますよ)。

未来に希望がないならなるべくたくさんの人に会いましょう。

そこから思いもよらぬ人生が開けてきます。

それではまた、お会いしましょう!!

無料電話相談は下記をクリック!!

03-6869-4297

 

無料メール相談は下記をクリック!

メール相談