こんにちは。

「不登校というピンチをチャンスに変える」不登校アドバイザーの早野です。

もうすぐ春ですね。

今日は雪ですが、寒い日と暖かい日を繰り返して冬から春になっていきますね。

昔の人はそれを三寒四温と言いました。

%e4%b8%8d%e7%99%bb%e6%a0%a1%e3%80%80%e8%aa%bf%e5%81%9c%e8%80%85

不登校から良くなるペース

普通、人は物事は右肩上がりに一直線に良くなると思っています。

しかし、現実には右肩上がりに物事が良くなることはありません。

「右肩上がりの時代」と言われていた高度成長期ですら不況の時期もありました。

成績も右肩上がりに伸びるということはないはずです。

不登校も同じです。

良くなってきたなと思ったらトラブルがあったり、体調を崩したりと良くなると一歩後退を繰り返しています。

三寒四温で春になっていくように。

落ち込まないこと、自暴自棄にならないこと

右肩上がりを期待していると三寒の時に心が折れてしまいます。

もしくは1歩下がったときに喧嘩をしてしまったりします。

そうなると三寒が六寒になってしまったりして六寒四温で悪化してしまったりします。

例えば、今日は雪ですが、確実に春に向かっているのは誰でもわかります。

今日の雪を見て「この前まで暖かかったのに今日は雪か、、、これではどんどん寒くなってしまうに違いない。もうダメだ。」と思う人はいないはずです。

しかし、不登校の場合は親も子供も「もうダメだー」となってしまったりします。

それでは二歩進んで一歩下がるが二歩進んで五歩下がるになってしまいます。

自滅という奴ですね。

そうならないためには、、

三寒四温で春になる

二歩進んで一歩下がる

ことを頭の片隅に置いておきましょう!!

では、またお会いしましょう!!

無料電話相談

03-6869-4297