不登校の方に知っていただきたい森田療法

あなたは不安が全くない状態を望みますか??
aEdfWyZdNAS94EW1502785877_1502786190

私たちは不安や恐怖をあってはいけないものと考えます。いわば、無菌状態を望むわけですね。ですが、生きている限り何かしらの不安や恐怖はつきものです。

不安や恐怖が全くないのも張り合いがない気がします。

森田療法は無菌状態とは対極の思想で東洋的な考え方なんですね。

余談ですがバカボンのパパのように生きられたら幸せかもしれません。

バカボン

では森田療法の定義を東京慈恵会森田療法センターより引用

森田療法とは、慈恵医大精神神経科・初代教授の森田正馬(もりたまさたけ)が自らの神経症体験を通して創始した、入院を基本とする神経症の精神療法です。

日本で生まれ、独自に発展したこの治療法の特徴は、神経症の不安や恐怖を排除するのではなく「受け入れること」で「とらわれ」から脱出するという点、また、自分の中にある健康な力や自然治癒力を最大限に生かしていくという点にあります。

恐怖や不安はより良くより良く生きようとする欲望(生の欲望)と表裏一体のものであり、人間誰もが持っている自然な感情です。

しかし神経症に陥る方は、不安や恐怖を「あってはいけないもの」として「排除しよう」とするあまり、かえってそれにとらわれるという悪循環に陥ってしまうのです。

森田療法では、不安を「あるがまま」に受け入れながら、よりよくより良く生きようとする欲望を建設的な行動という形で発揮し、自分らしい生き方を実現することを目指しています。

入院治療の中でのさまざまな体験によって、不安や悩みを受け入れながら、症状への「とらわれ」から離れることができ、本来の健康な欲求が生かされてくるのです。

 *最近は通院のケースが多いようです。

何かいろいろ考えらさせられますね!!

神経症になるような人はよりよく生きたいという願望が人よりも強いケースがけっこうあります。

それはそれで望ましい一面もあるんですね。

こちらで森田療法を実施する際は、日記形式にして、毎日の行動を森田療法的視点から毎日振り返り、改善、実践していく流れになります。

「あるがまま」で生きていくことが真の強さなんですね。

これでいいのだ

ではまた!!

本の原稿のダイジェスト版を無料プレゼント

『不登校はピンチの顔をしたチャンス』を読む

↓↓↓アマゾンキンドル電子書籍版はこちらから。

電子書籍 不登校
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 中学校教育へ
にほんブログ村