こんにちは。

『不登校というピンチをチャンスに変える』不登校アドバイザーの早野です。

今日はイベントのご紹介です。

東京新聞したまち版の6月18日のお知らせ欄に掲載されました。

東京新聞

不登校 お茶会

1人で抱え込まないで、みんなで悩みを共有しましょう!

どうしても悩みやストレスを家庭の中だけで抱えがちな親御さんに、横の繋がりを作っていただく
ためのイベントを開催します。誰かに相談したり仲間が欲しいけれど、最初の一歩を踏み出すこと
ことはなかなか大変なこと。おいしいお茶やお菓子を食べてリラックスしながら、同じ悩みを持つ
親同士で話をしたり、元不登校生に気軽に相談出来る場になれば良いなと思います。

【メンバー】
山田あかね
中学時代に約1年半の入院生活を経験。高校中退後、東京大学を卒業。公務員として勤務後、子ども時代に言葉で自分の気持ちを表現出来なかった経験から「フィロソフィア国語教室」西荻窪駅前室長として、言葉による自己表現の重要性を伝える。

早野智則
高校中退後、独学にて大検(現・高卒認定)を取得。早稲田大学入学後に対人恐怖症を発症するも克服し、中小企業のコンサルティング会社に7年間勤務。不登校支援団体の株式会社FCファナッチ代表として、カウンセリングと家庭教師を行っている。

河合未緒
中学校3年間不登校。定時制高校に入学後、女子美術大学短期学部デザインコース卒業。旅行業界に5〜6年、婚活会社の旅行企画3年。フリーライターとICTを活用した学習支援団体のボランティアを経験し起業。不登校生のためのカウンセリングサイト「Clue」を作る。

 

もう一人松井和輝さんがいらっしゃるかもしれません。(*来れない可能性のほうが高いと思います。)

中学不登校で自殺未遂をおこし、現在は大学生ながら多くの不登校の親御さんやお子さんの相談にのっていらっしゃる方です。

私は松井さんと面識はありませんが、若いのに素晴らしい文章を書くなと尊敬しています。

正直うらやましい(笑)

6月21日(水)15時から、24日(土)16時から実施する予定です。

参加費は1,000円です。

場所は東陽町駅近くの会場です。

では、またお会いしましょう!!

参加ご希望の方は下記のメール相談フォームからお名前、希望日時をご記入ください。

無料メール相談は下記をクリック!

メール相談

 

本の原稿のダイジェスト版を無料プレゼント

『不登校はピンチの顔をしたチャンス』を読む