不登校の定義とは??

 文部科学省によると不登校の定義とは、
年間30日以上の欠席
・なんらかの心理的、情緒的、身体的、社会的要因・背景により、登校しない。もしくは通いたくても登校しない。
・ただし経済的理由、病気的理由を除く
です。

ですが、保健室登校や1日のうち1度は教室に顔を出す。
また、フリースクールや一部の教育支援センターへの
通学も出席としてカウントされることもあり、
実態に即しているとは言えないということです。

しかし、本当に大事なのは子供の長期的幸せです。
子供たち全体の幸せを数値化、評価し、
改善していくというふうに変えていきたいと思います。

不登校の数に一喜一憂するのではなく、
より本質的なことに目を向けていきたいですね。

ではまた。