こんにちは。

「不登校というピンチをチャンスに変える」不登校アドバイザーの早野です。

先日、私が書いた記事「意外に高い不登校になる確率とリスク管理法」がアゴラとグノシーに掲載されました。

不登校が「決して特別なことではないこと」が多くの人にわかっていただけると良いと思っています。

そして、他人事だと思わずに普段から子育てについて気をつけていただきたいと同時に、すでに不登校の人にも少しでも暖かい手を差し伸べてくれることを願っています。

媒体がかなり堅めのサイトなので、今回はかなり堅めの文章を今回は書いています。

普段、文章を書くときは私は基本的に「です・ます」調ですが、今回は「である・だろう」調です。

文章としては取っ付きにくいかもしれませんが、ご一読いただけると幸いです。

では、またお会いしましょう!!

PS:余談ですが、下克上受験に最近はまっておりまして、電車の中で読みながら泣いてしまうほど感動しました。

私はどちらかというと中学受験にはあまり興味が無いですが、子育ての1つの見本としては素晴らしい作品ではないかと思いました。

(中学受験には興味が無いですが、子育てと下克上には興味があります。特に下克上とか勝負事が大好きです。そういう意味ではある意味、受験も好きです。)

ぜひ原作を読んでみてくださいね。

電子書籍 不登校