こんにちは。

『不登校はピンチの顔をしたチャンス』『不登校というピンチをチャンスに変える』不登校アドバイザーの早野です。

道のないところに道を切り開きます。

今日はよく聞かれる質問に対しての回答をご紹介します。

聞きたくなるのもなるほどというものです。それは、、、

『なぜ立ち直れたんですか???』

文部省の統計では、中3の時の不登校のうち5年後にはざっくり2割がニート、3割がフリーター、それ以外が大学、高校、専門、就職となっています。

2つに分かれているんですね。その中でもその後を前向きに過ごす人は不登校から何かをつかんだ人です。

不登校になって良かった。

大切なモノを学んだ。

人の痛みがわかるようになった。

人の優しさを学んだ。

では、どうすればそうなれるか??

要因分析

①親が心配をしなかったこと。あれこれうるさく言わなかった。ほぼ私に任せてくれたこと。超放任の親でした。

②危機感。このままでは非常にヤバイと思ったこと。

③過去に成功体験があったこと。勉強やスポーツで成功体験があったため、やればできるはずだと一念発起できました。

元不登校の人の体験記、克服法を読んだこと。

今は無いのですが、中学生が作ったHPに対人恐怖症の克服、不登校の克服法などが書いてあり、こいつにできるなら俺もと頑張りました。

あの中学生がいなかったら私はどうなっていたか。。。今はHPが無いのが、残念です。一言お礼を言いたい。

私はあの幻の中学生の後をついで不登校支援活動をしている気がします。

それほどあの中学生は素晴らしかったですし、もう無理だと思うような高い壁を越える勇気をもらいました。

私もあの幻の中学生のように誰かに勇気を与えられるように頑張ります!!

では、また会いましょう!!

無料電話相談

03-6869-4297