こんにちは。

不登校というピンチをチャンスに変える不登校アドバイザーの早野です。

今日はメルマガよりです。

メルマガに登録したい場合は下記にお問い合わせいただくか、

何かの資料を無料ダウンロードしていただくとご登録いただけます。
aEdfWyZdNAS94EW1502785877_1502786190

3COupn50k16Fd7s1502780585_1502781125

a5OiMzSQoUXihhw1502782703_1502783004

 

★最近は学校復帰、進路決定ラッシュです。

進路決定というのは高校生や大学生になると、

モラトリアム的な『自分は何をしようか。。。』という悩みがかなり深刻なのですね。

とても健全なことだと個人的には思いますけどね。
とはいえ、学校復帰も進路決定も『人生のあがり』ではもちろんありませんから(笑)、

その後も山あり谷ありです。

この先の人生ゲームをお互い大いに楽しみましょう!!

green-1738220_640

★親との関係の改善

今年は私は親との関係がかなり改善したと思います。

その経験は『親との関係があまりよくない』方や、

『親に対して心のどこかにひっかかるものがある』方にお役に立つと思います。

というのも、親が親との関係が改善すると、

子供の問題も改善することがあるからです。
なので、ちょっと私事で恐縮なのですが、

お付き合いいただけると幸いです。

不登校 タンポポ

★鏡の法則

http://coaching-m.co.jp/reportaaa.pdf

野口嘉則氏の大ヒットした『鏡の法則』ですが、

似たようなことが私にも起こりました。

鏡の法則のストーリーはこうです。
子供がいじめられて悩んでいるお母さんが、

『ものすごい勇気を出して』自分の親との関係を改善することにより、

子供の状態が劇的に改善した。

あと、ついでに夫婦関係も改善していました(笑)

不登校 食卓
★私が親との関係を改善した方法

私は母親には愛されていないような気がしていました。。

昔はむしろ嫌われているのではないかと思っていたくらいです。

『お母さんは俺のことを嫌いなのではないか?』と考えることは、

私の中で絶対のタブーだったくらいです(笑)

それが私の対人恐怖症や生き辛さの原因の1つでした。

(あとの原因は凸凹なところとか 笑)
心理学を学んだことでとても生きやすくはなりました。

しかし、親との関係はやはり私の人生に影を落としていたようです。
面白いのが、私は家庭を訪問した時によく子供が親に甘えているのを見て、

『うらやましいなー』と思っていたことです(笑)

私は『あなたのお子さんは不登校になって良かった』と思いますよ!!
愛情の必要量というのは人によってかなり違います。

ゾウのように水を100リットルくらい必要な子もいれば、

修行中のヨガ行者のように水とリンゴだけで良いという子もいます(笑)

また、必ずしも全てが親からである必要はなく、

友達や目上の人からでも良いという特性もあります。

不登校 大学生
★で、少し話がそれましたが、ある人からのアドバイスがあり、

母親と父親に対して『第三者のような気持ち』で、

私の幼少期と思春期のことを『インタビュー』をすることにしたのです。
そしたら、、、

『私が愛されていない』というのは、

完全に『私の誤解』であったことがわかりました(笑)

それどころか、私はとても愛されていたことに仰天したのです(笑)
すると不思議なことに、

私のプライベートや仕事でいろいろなことが好転していったのです。
実はこういう誤解は、

夫婦間や親子間や、

先生と生徒の間や、

友達と友達の間にたくさんあります(涙)

また、出来事に対して誤解していたということもあります。

ほぼみんながこういう『悲しい勘違い』を胸に抱えて生きているのだと思います。

ポイントは『第三者のように』聞くことです。

でないと、やり取りが『いつものパターン』になってしまい真実は隠れてしまいます。

不登校 自信

★『第三者の気持ちでインタビュー』してみることの威力の他の事例

中学の時にクラス中で無視されて不登校にはならなかったものの、

人間不信で生きてきた方は、

全員が自分のことを無視していたわけではないことに気づいたそうです(笑)

(そりゃそうだ!!)

また、別に『そもそも無視されていたわけでもない』ことに気づいたそうです。。。

不登校 大自然

★もう1つの事例

ある子は小学校の時にいじめられて、

それが嫌で私立中学に行ったそうです。

しかし、人間不信は根強く残り、

勉強して良い大学に行っても、

音楽をしてプロ手前まで行っても、

全く楽しくなく、

対人恐怖症的にびくびくしながら生きてきたそうです。

『いつか裏切られるに違いない』と。。。

しかし、ある時に地元の駅で昔のいじめっ子とバッタリ出会い、

『勇気を出して』その当時のことを聞いてみたそうです。

(他の子はみんな逃げたそうです 笑)

で、話してみたらその当時のいじめっ子の事情もよくわかり、

お互いに許しあえたそうです。

事情を聞いてみれば『えーそうだったの(笑)??』

というギャグのようなものだったらしいです。。。
まー、悩みというのはほとんどがギャグみたいなものだと思います。

(お酒が入れば100%ギャグだと言い切りますが。。。)
『第三者のようにインタビューする方法』の詳しいやり方は下記の本に書かれています。

https://www.amazon.co.jp/dp/B07538Y5V5/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1
また、不登校対策プログラムZEROでは全ての劣等感は勘違いなのだということに気づき、

かなり楽に生きれるようになっています。

不登校 自然 (2)

★野口氏の『3つの真実』という本

野口氏は鏡の法則の他にも『3つの真実』という本があります。

これは仕事がバリバリできるお父さんが、

子供が不登校になったのと部下の裏切りに苦しんでいたところ、

自分の心の中を改善することにより、

子供の不登校や部下との関係が改善するというストーリーです。

こちらもオススメですね。

では、またお会いしましょう。

最後までお読み頂き誠に有難う御座いました。
メンタルコンディション調整マニュアル

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 中学校教育へ
にほんブログ村

不登校・ひきこもりランキング